ブロプレ! 毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ラッキーナンバー7
[No.147] 2008-10-27 Mon 21:10
ラッキーナンバー7』 評価:★★★☆☆

監 督:ポール・マクギガン
出 演:ジョシュ・ハートネットルーシー・リューブルース・ウィリス
制昨年:2006年
制作国:アメリカ
時 間:109分

最低映画賞にもノミネートされた『パール・ハーバー』で有名なジョシュ・ハートネット主演作品です。
こちらは中々目新しいサスペンスに仕上がっています。

空港のロビーで、青年の前に現れた謎の車椅子の男。男は、20年前の幸運のナンバーにまつわる残酷な物語を語り始める。一方、NYのアパートではスレヴンとリンジーが偶然の出会いを果たす。不運続きのスレヴンは、友人を頼ってNYに来たのだという。ところが友人は姿を消し、スレヴンは敵対するギャング、“ボス”と“ラビ”の争いに巻き込まれる。そしてその影には、あの空港の男-凄腕の暗殺者グッドキャットがいるのだった…。
(『映画生活』より)

そのタイトルから、最初は「カジノの映画か?」と思っていたのですが、実際は全然関係なし。
また、序盤のコメディの様な展開から、「全編、軽いノリか?」と思っていたら、これまたハズレ。
物語が進むにつれ、「おお。」っと驚く展開に。
しかしまぁ、これほどまで人間関係を錯綜させないことには、観る側の気を惹く作品が作れない時代になったんだなぁ。

ところで、ブルース・ウィリスってほんと何でも出てますよね。
彼の大作に甘んじないチャレンジ精神って好きです。
本作でも、少な目のセリフで、最大限の存在感を出していますが、髪の毛の存在感はどんどん無くなってきています。
彼の場合は、とても似合っていますけど。

「ビバ、ハゲ!」ってことで。





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
デトロイト・メタル・シティ
[No.146] 2008-10-14 Tue 22:48
デトロイト・メタル・シティ』 評価:★★★☆☆

著者:若杉 公徳

2008年10月9日現在、言わずと知れたカルト的人気を博すギャグマンガ。
第1巻が発売された際、本屋さんで手に取っては置き、置いては手に取りを繰り返したものです。
表紙が気になっていたものの、おもしろいかどうか不安だったんですよ。
よくよく読んでみると、着眼点はとてもおもしろいと思うのですが、稲中的笑いを期待していたので、ちょっと物足りない感じ。(この点から、DMCのドラマー『カミュ』こと『西田照道』には一定のポテンシャルを感じる…。そう。あのヘンタイおむすび男『田中』の様な。)

大まかなストーリーは、曰く「スェディッシュポップバンドをやりたい」にも関らず、事務所の社長にデスメタルをやらされることになった主人公『根岸崇一』を中心としたお話。
根岸扮する『ヨハネ・クラウザーⅡ世』と、彼が率いる(?)デスメタルバンド『デトロイト・メタル・シティ』は、インディーズ界ではカリスマに成りつつあるのですが、如何せんB級臭がたっぷり。
ハクを付けるために、社長に伝説を作るよう要求される姿は痛々しいものの、そんなことをしなくても自ずと伝説を作ってしまう才能があったりします。

何というか、『公然猥褻カット』然り、『資本主義の豚』然り、『東京タワーとの間にできた子供が六本木ヒルズ』然り、女性ファンは名乗り上げることができなさそうな作品です。
とにかく下ネタが多いので、デスメタルもクソ(失礼。)もありませんが、特に嫌味はありません。
それどころか、時には泣かせてくれたりもします。
ちなみに、デズムすぐに進退を掛ける本官さんの件は秀逸。

まぁ、一言で言うと、「ワケわかんない」作品ですね(ニヤリ)




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

別窓 | 書籍 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
方舟
[No.145] 2008-10-02 Thu 03:03
方舟』 評価:★★★★★

著者:しりあがり寿

しりあがり寿氏の著作の中でも最高傑作の呼び声高い名著です。
氏は画がとても独特(一見、乱雑に見えます。しかし、手塚治虫曰く「実は、この人は絵がもの凄く上手い」のだそうです。)なので、「素人4コマ漫画!?」とか思ってしまいますが、作品はその多くが非常に哲学的でとても重厚なのです。

ある日、降り出した雨。
最初は「鬱陶しい」ぐらいのものでしかなかったが、数週間過ぎても一向に止む気配を見せない。
おもしろ主義な人々は、この奇妙な長雨さえもワイドショーのネタにしてしまうが、雨はまるで作業のように少しずつ世界を水没させていくのだった。

こんなお話です。
作品は全般的に静的で、老若男女・貧富の差を問わず、万人に平等に訪れる滅びを描き出します。
よって、終始美しいぐらいの絶望しか存在しません。
登場人物達の多くは雨が止むことを期待しますが、やがて回避できない死を感じ取り、受け入れる者も現れ始めます。
同時に、生き残ろうとあがく者達も現れますが、逃げ場などありません。
我々は辛い時、「きっとなんとかなる」や「数年後には笑い話になる」などと考え、局面を乗り越えようとしますが、本作は「どうにもならない」、「笑い話をする世界すらも残らない」状況で、平等に死を突きつけられた人々が描かれるのです。

そして、雨は人間という汚れを洗い流し、地球は美しい姿に戻ったのでした。

めでたしめでたし。





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

別窓 | 殿堂入り(書籍) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
あたし彼女
[No.144] 2008-09-29 Mon 00:53
あたし彼女』 評価:★★★☆☆

著者:kiki
URL:http://nkst.jp/vote2/novel.php?auther=20080001

第3回日本ケータイ小説大賞作品です。
小説の類はあまり読まない方で、ケータイ小説は正に初めて。
バラしてしまうと、実は読もうと思っていたわけじゃなくて、調べ物で検索している時に、サイトURLが乗っているBBSを見つけたんですよね。
そこから飛んでみたところ、気が付けば読み終えていたという。

今時の女性『アキ』は、「わけわかんないんだけど。」が口癖の絵に描いたような若者。
複数の男性との関係、妊娠、中絶…自分のことであるのに、どこか他人事。
一見、心が乾き、感情のネジが足りていないようにも見える彼女が、ある人物を本当に好きになっていることに気付き、その気持ちが明確になっていく過程で瑞々しい恋する女性に変わっていく姿はとても微笑ましいです。
しかし、そんな恋愛も上手くいくことばかりではなく、不覚にも傷心のアキと彼女の母親のやりとりの場面で思わず涙が。(汗)
著者の経験が多く含まれているという本書ですが、この母親の存在が事実であるものなら、とても子供思いのお母様なのですねぇ。
また、本作を読んでいると、過去の恋愛で起きた様々な出来事を思い出してしまいます。
過去に感じた息切れの様な苦しさ?胸のつかえ?って、何歳になっても残っているものですね。

ちなみに、Web上では、「これが小説か?」なんて誹謗中傷している書き込みをよく見かけます。
実際、味気ないブログの様な文体なのですが、あくまで『見せる(魅せる)ことを意図した日記』と言える形式であり、リアリティを感じさせるための演出だったりします。
この文体であるからこそ、普段の主人公の粗野な雰囲気と、次第に変化していく彼女の心にギャップを感じ、揺れる心が際立つのですね。

ストーリーのあるブログ感覚で読むと良いかも?


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

別窓 | 書籍 | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
エリザベス:ゴールデン・エイジ
[No.143] 2008-09-22 Mon 23:44
エリザベス:ゴールデン・エイジ』 評価:★★★☆☆

監 督:シェカール・カプール
出 演:ケイト・ブランシェット
製作国:イギリス
製作年:2007年
時 間:114分

しかしまぁ、ケイト・ブランジェットはどこまでハマリ役なのか。
もう、この人がエリザベス本人に見えてきました。
「理知的で、意思が強く見えるが、非常に脆そう」とは、なんてオイシイ顔面してるんだ!

文字通り、スペインの無敵艦隊を撃破し、黄金時代を迎えるイギリスを舞台に、政治に、恋に、ヒステリーに…と鬼多忙な女王様『エリザベス1世』が奮闘する物語です。
ただ、頂点に立つ者の悲しい性なのか、『奮闘』はあくまで『孤軍』なのですが。
エリザベスの周りでは、たくさんの僕たちが傅き(かしずき)ますが、所詮、それだけの関係性。
東京砂漠』ならぬ『友人砂漠』です。
婚姻話も、どこぞのボンボン貴族がやってきたりと、全てが政略的な臭い。(エリザベスは結婚しなかったので、「ヴァージン・クイーン」と呼ばれていた。『ヴァージニア』の州名の由来でもある。)
挙句に、「妾腹の子供」とさげずまれ、「売女(ばいた)」と罵られ、それでも国家に我が身を捧げた女性が居たワケです。
「公私共に耳目を集め、情で繋がることが難しく、誹謗中傷され、支え合う伴侶なく、国の舵取りを行う」って、普通ストレスで完璧に壊れると思うのですけどね。

なんといっても、見所は『宮廷』という魑魅魍魎の巣窟です。
謀略、嫉妬、愛憎、裏切り渦巻き、内と外、二つの敵と戦わなければならないエリザベスの心労たるや、いかばかりか。
なかなか見ごたえはありますが、ドロドロが嫌いな人は不向きかも?

スペインとの会戦に臨むエリザベスの甲冑姿がまた激しくカッコイイ。
ジャンヌ・ダルクも真っ青。
アルマダの海戦』自体もなかなかの見応えです。

う~ん、CG万歳。(笑)





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ハンコック
[No.142] 2008-09-16 Tue 01:05
ハンコック』 評価:★★★☆☆

監 督:ピーター・バーグ
出 演:ウィル・スミスシャーリーズ・セロン
製作国:アメリカ
製作年:2008年
時 間:92分

どえりゃー普通です。(笑)
「名作ではないだろうけど、何となく笑えるかも。」ぐらいの感覚で観に行ったので、まぁ、想定どおり。

頻繁にCMが流れているので、説明の必要はないのでしょうが、要は『too much(やり過ぎ)ヒーローの更生物語』です。
数人の犯罪者をとっ捕まえるのに、アウトバーンは破壊するわ、高層ビルも破壊するわ、パトカー数台を大破させるわ…で二次災害の嵐。
ハンコックは、自暴自棄かつコミュニケーション能力が皆無なワケですが、彼の様な存在が世界に独りだけだと、そりゃ荒みますよねー。
そんな傍迷惑なヒーローのイメージを覆すため、一人の宣伝マンが彼をマネジメントするというのは中々おもしろい設定でした。

とまぁ、全体的には平凡な本作ですが、ただ一つだけ言っておきたいのは、シャーリーズ・セロンがめちゃくちゃ美人だということ。(笑)
言うまでもないですけどね。
なのに、映画作品に出てくる度、いつも一瞬誰だかわからない。
モンスター』も『イーオン・フラックス』も、そしてこの『ハンコック』も、全てのシャーリーズ・セロンが別人に見える。
とんでもない女優さんなのかもしれません。
そもそも、人と大喧嘩している最中にスカウトされたそうなので、実際とんでもないと言えばとんでもないのですが。(笑)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

別窓 | 映画 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
28週後...
[No.141] 2008-08-27 Wed 00:43
28週後...』 評価:★★☆☆☆

監 督:ファン・カルロス・フレナディージョ
出 演:ロバート・カーライルジェレミー・レナーローズ・バーン
製作国:イギリス
製作年:2007年
時 間:99分

トーンダウンは否めません。
一作目の出来が良いのは有名ですが、ゾンビ物の2作目というのは大体こんな感じなのかもしれません。
といっても、『バタリアン』だけは回を追うごとにアホさが突き抜けていきますが。。。

人間が凶暴化するウィルス『RAGEウィルス』が発生してから28日後、ロンドンはなす術もなく壊滅。
今回の舞台は、壊滅から更に28週が経過したロンドン。
外気に触れたウィルスは既に死滅し、凶暴化した人々も餓死。
再発の危険がなくなったと判断したNATOは、米軍をロンドンに派遣し、復興作業を開始させる。
兵士が街中に至るところに配置され、スペインに亡命していた住民たちの帰還も開始されるが…。

相変わらずの沈鬱な雰囲気は良いです。
今作はストーリーがストーリーなので、夢も希望もなかった街に一筋の光明が見えたところから始まりますが、それでも沈鬱。
なにやら人類終わった感じがします。(笑)
この雰囲気は、イギリスの映画だからなのか、監督が前作に敬意を払ったからなのか。
いずれにせよ、観終った後の「心持しんどい感じ」はステキ。

ただ、今更単なるおっかけっこに終始するのはどうなのでしょう。
もう食傷気味です。
えげつない形相で全力疾走してくるゾンビはそりゃ怖いのですが、続編作ってまで繰り返すことじゃないかも。

『三度の飯よりリビング・デッド好き』はとりあえず。





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
インディ・ジョーンズ / クリスタル・スカルの王国
[No.140] 2008-08-20 Wed 00:34
インディ・ジョーンズ / クリスタル・スカルの王国』 評価:★★☆☆☆

監 督:スティーヴン・スピルバーグ
出 演:ハリソン・フォードカレン・アレンシャイア・ラブーフ
製作国:アメリカ
製作年:2008年
時 間:123分

普通です。
昔と変わらぬワクワクやドキドキはありますが、予定調和。
余りにも無難すぎるその作りはスピルバーグ監督の時代の終わりを告げているのかも…。

アメリカでマッカーシズムが吹き荒れた1957年。イリーナ・スパルコ率いるアメリカ陸軍に扮したソ連軍に捕らえられたインディアナ・ジョーンズと相棒ジョージ・マクヘイルは、24時間以内に近くで核実験が行われるネバダ州にある、アメリカ軍の施設"エリア51"内にある政府の機密物保管倉庫に連れていかれる。
彼らはそこで「1947年にニューメキシコ州ロズウェルで起きた事件」でアメリカ軍が手に入れた、強い磁気を発する長方形の箱を探すよう、インディに強要する。そしてそこで彼らが見つけたのは、強い磁気で金属を引き寄せる謎のミイラだった。
インディはマクヘイルの裏切りに遭いながらも、相手の隙を突き機転を利かせ、何とか彼らの拘束から逃れることに成功し、翌日の昼町へとたどり着く。しかし、そこは軍が核実験のために建設した無人の町で、人間はおらず、突如実験のカウントダウンを告げるアナウンスが響いた。インディは辛くも鉛が使われた冷蔵庫に閉じこもって難を逃れるのだが、FBIから尋問を受け共産主義者のレッテルを貼られてしまう。
大学では無期限休職処分になり、「自由の国アメリカ」と呼ばれていた祖国の現状に失望したインディは国外に向かうため列車に乗った。しかしそこにバイクにまたがった謎の青年(マット・ウィリアムズ)が話しかけてくる。彼によると自身の母親のマリオン・レイヴンウッドがペルーから助けを求めているのだという。
(『Wikipedia』より)

さすがにピリッとしないハリソン・フォードは年齢的に仕方がないのですが、全体的に漂うダルダル感は何故なのか。
過去の作品を観たことがある人であればニヤッとする場面も多いものの、過去の作品が過去過ぎて思い出せないってば!
週一でインディ・ジョーンズを観ているマニアか、制作サイドならわかるでしょうが。(笑)
水戸黄門』ばりに定番を味わいたければ是非…。

ただ、スピルバーグ監督ならではのユーモアのある戦闘シーンや、仕掛けの数々はさすがに巧みです。匠の技ですよ。
Mr. Hollywoodですね。
一流の現場でさえあれば、古き良き職人はどの国にも居るものですねぇ。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ダークナイト
[No.139] 2008-08-11 Mon 00:27
ダークナイト』 評価:★★★★★

監 督:クリストファー・ノーラン
出 演:クリスチャン・ベールマイケル・ケインヒース・レジャー
製作国:アメリカ
製作年:2008年
時 間:152分

えっ、何コレ?
クリストファー・ノーラン様は神ですか?
ここであえて言いましょう。

神作品がぁ…

キターーーーーーーッ!!!

もしかして、早くも本年度最高峰の作品登場の予感じゃないでしょうか。。。

もう説明なんて無しだ!(笑)
一言だけ言えば、『バットマン ビギンズ』の続編にあたるのですが、まさか『バットマン』に人の苦悩や脆さを教えられるなんて。
ティム・バートン監督作品以後、「バットマンは終わった」と思っていたのですが、ここに来てまさかの事態です。
ハードボイルドかつドラスティックなストーリー展開は、最早、子供が入り込む余地などなく、完全に成人向け作品。
150分を超える上映時間など、全く苦になりません。

キレのあるアクションで大立ち回りを演じるバットマンはもちろん格好良いのですが、バットマンの永遠のライバル『ジョーカー』がゾクゾクするぐらい格好良く、ゾクゾクするぐらい悪逆非道。
この最凶の悪役を演じるヒース・レジャーは、28歳という年齢で若くして他界してしまいましたが、本作のジョーカーの演技が彼のポテンシャルだというのであれば、映画界はあまりにも惜しい人を亡くしてしまいました。
パトリオット』や『ROCK YOU!』でも非常に良い存在感を出していたのに…。
世の中、亡くなってはいけない人から逝ってしまいますね。

いずれにせよ、本当に素晴らしいですよ。このジョーカーは。
金や地位ではなく、悪事のためだけに悪事を働く人間を見るとこの世界に絶望してしまいます。
なぜならば、相手を理解することができず、突破口を一切見出せないから。一片の可能性すら感じられない。
映画作品とは言え、本作のジョーカーには一瞬心を挫かれそうになりました。(笑)

http://wwws.warnerbros.co.jp/thedarkknight/(『ダークナイト』オフィシャルサイト)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

別窓 | 殿堂入り(映画) | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
AVP2 エイリアンズVS.プレデター
[No.138] 2008-07-13 Sun 13:44
AVP2 エイリアンズVS.プレデター』 評価:★★★☆☆

監 督:ザ・ブラザース・ストローズ
出 演:スティーヴン・パスカルレイコ・エイルスワース
製作国:アメリカ
製作年:2007年
時 間:94分

意外や意外。
前作よりおもしろくなってやせんかい?
といっても、やはりストーリーなんてどうでもいい作品であることには変わりありませんが。

コロラド州ガニソン。人口5000人余りのこの小さな町で、エイリアンプレデターの本能を合わせ持つプレデリアンと、対する最強のニュー・プレデターが火花を散らす。壮絶な戦いは住民をも巻き込んで、町はあっという間に破壊され尽くしてしまうが……。
(『シネマトゥデイ』より)

『プレデリアン』ってなんでしょう。(笑)
ええ、そうです。プレデターとエイリアンの相の子です。
不可抗力によって地球で野放しにしてしまったプレデリアン&エイリアン一党を狩るため、やたらと強いプレデターがやってきます。
後は地球人を巻き添えにした種族間大ゲンカ。
監督が容赦ない人の様で、女子供にも容赦なし。
ついでに殺さなくていいじゃないか、プレデター…。
人類、悲惨です。

全体的に暗がりでの戦闘が多く、せっかくのクリーチャーの勇姿が判然としません。
「なんかやってるなぁ?」っていう。
途中からエイリアンの強酸の血液もどうでもよくなってきてるみたいですし。
ネタ作品ということで。

ちなみに主演はプレデターです。(笑)





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
BACK | ブロプレ! | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。