ブロプレ! 毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
機動戦士Ζガンダム
[No.96] 2007-11-24 Sat 10:15
機動戦士Ζガンダム -星を継ぐ者-』  評価:★★★☆☆
機動戦士ΖガンダムⅡ -恋人たち-』   評価:★★★☆☆
機動戦士ΖガンダムⅢ -星の鼓動は愛-』 評価:★★★☆☆

監 督:富野由悠季
製作国:日本
製作年:2005年~2006年
時 間:94分、98分、99分

言わずと知れた、あの『機動戦士ガンダム』の続編である『機動戦士Ζガンダム』の劇場作品です。
主題歌としてGacktが楽曲を提供しているので、とても有名ですよね。

そもそも初代ガンダムを観ていなければ何のこっちゃわからんと思うので、ストーリーに関しての言及は避けます。
初代ガンダムの劇場版三部作は、奇跡に近い編集となっているので問題ないのですが、本作に関しては根本的に続編物であること、また、新たに追加したカットとアニメ版の旧カットが混ぜこぜになっていることもあって、初代三部作ほどのクオリティ(『クオリティ』とは単に画像の質だけを意味しません。)は存在していません。

『Ζガンダム』という作品自体、登場人物達にヒステリックな人々が多いため、私の中では「ガラスを鉄の爪で引っ掻いた様な作品」というイメージが強く、そこまで好きというわけではありません。
主人公達が持つ特殊能力をやたら人知を超えた雰囲気で表現してみたり、富野氏の作品には多いのですが、物語後半でたたみ掛けるように登場人物を殺してみたりと、物語としてそれらが本当に必要ある表現なのか疑問を持つ部分も少なくありません。

ただ、やっぱり『百式』と『リック・ディアス』はカッコイイ…。

スポンサーサイト
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<壁男 | ブロプレ! | ナイトミュージアム>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ブロプレ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。