ブロプレ! 毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
デジャヴ
[No.89] 2007-10-29 Mon 00:41
『デジャヴ』 評価:★★★★☆

監 督:トニー・スコット
出 演:デンゼル・ワシントンポーラ・パットンヴァル・キルマー
製作国:アメリカ
製作年:2006年
時 間:127分

意外によくできていることにびっくり。
マット・デイモンの『ボーン~』系の作品ばりにカットがころころ変わるのですが、現在において平行に切り替わっていくだけではなく、時間軸という面でもころころ変わるので、ちゃんと観てなければ何が何だかわからなくなります。
「ねーねー…」と映画を観ながら説明を求めるタイプの方には間違いなく受け入れられません。(笑)

海軍の水兵とその家族たちを乗せたフェリーが突如水上で大爆発を起こした。
ATF(アルコール・タバコ・火器取締局)の捜査官であるダグ(デンゼル・ワシントン)は現場の捜査中、フェリーの爆発がテロによるものであるとの結論に至る。
ダグは捜査の中、川下に流れ着いたフェリー爆破事件の被害者と思しき体に火傷を負った女性の死体の検死中に、その女性がフェリーの爆発前に殺害されていたのではないか?と疑問を持つようになる。
この事件の鍵がフェリーの爆破前後、そして女性の殺害前後に何があったのかであると推理したダグは、この謎を解き明かすため、思いもよらぬ方法で捜査を行うことになる…。

観る人が観ると寝ます。
タイムトラベルの知識に、複雑に絡む過去と現代の事象。
とにかくややこしいです。ワームホールの原理なんて普通考えないですしね。
物語のクライマックスに『デジャヴ』というタイトルが何を意味するのかが、一気にわかるようになります。
わかりすぎて「なるほど!」と言っている暇もありません。

しかし驚いたのが、バル・キルマー。
セイント』なんかの頃に比べて、明らかにポッチャリ型に。
相変わらずイイ味は出してるんですけど。
老けてしまったのかな…。文字通り、人間が丸くなった様な雰囲気ですね。

スポンサーサイト
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<DEATH GAME | ブロプレ! | リーグ・オブ・レジェンド>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ブロプレ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。