ブロプレ! 毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
[No.82] 2007-10-01 Mon 21:14
』 評価:★☆☆☆☆

監 督:黒沢清
出 演:役所広司小西真奈美葉月里緒菜伊原剛志
製作国:日本
製作年:2007年
時 間:104分

なんだこれ。
役所広司さんが主演で、且つサスペンスホラーということだったので、「もしや、あの『CURE』の様な名作か?」と思いつつ観てみたら…。
ショックです。

東京の埋め立て地で女が殺される。捜査に当たる刑事の吉岡は現場に自分の痕跡を見つけ困惑し、同僚の宮地からも疑いの目を向けられる。時を同じくして姿を現すようになった赤い服の女が発する耳をつんざく叫び声。彼女は何者で何を訴えているのか?曖昧な記憶に脅かされ、過去の闇に取り憑かれたように憔悴してゆく吉岡の周りで、次々に殺人事件が起きる。死因のすべては海水による溺死だった。いったい自分は何をしたのか…。
(『映画生活』より)

なんと言えば良いのでしょう。
モサいカメラワークがあります。(笑)
例えば「あー、先の重要シーンのフリのためにそのカットを撮ったのか。」ってわかってしまったりするんですよ。『そのカット』の時に。
これではどうしても興ざめしてしまいます。
『赤い服の女』こと、葉月里緒菜さんも恐怖を抱く存在になり得ていません。
これはホラーではないですね。

魅力的な役者がたくさん出ているんだけどなぁ。

スポンサーサイト
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<MEMORIES | ブロプレ! | 空はまるで>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ブロプレ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。