ブロプレ! 毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
トリスタンとイゾルデ
[No.80] 2007-09-26 Wed 18:24
トリスタンとイゾルデ』 評価:★★★☆☆

監 督:ケヴィン・レイノルズ
出 演:ジェームズ・フランコソフィア・マイルズルーファス・シーウェル
製作国:アメリカ
製作年:2006年
時 間:125分

当初、タイトルのイメージから「恋愛物なんだろうなぁ。」と思っていた(恋愛ものなのですが。)ので、特に観るつもりはなかったのですが、製作総指揮がリドリー・スコット氏ということに気付いて一気に方向転換。『ブレードランナー』や『グラディエーター』を作った人が製作総指揮なら、大河モノとしてもこれは期待できるかも…となったわけです。

ローマ帝国の崩壊後、アイルランド王の権力下にあるイギリス。
未だ統一を果たしていないイギリスの諸侯の代表格であるマーク候は、アイルランド国王軍に襲われて孤児となったトリスタンを育てることになる。9年後、成長したトリスタンは戦いで負った傷から瀕死に陥り、死亡したと勘違いされ葬船に乗せられ海に流される。そのままアイルランドの海岸に流れ着いたトリスタンは、たまたま海岸に居合わせたアイルランド王の娘イゾルデに救われ恋仲となるが、やがてその存在がアイルランド側に知られてしまい、アイルランド国内から母国イギリスへと去ることになる。
無事生還したトリスタンは、この後、思わぬ形でイソルデと再会するのだった…。

ロミオとジュリエット』の基となったお話だそうで、とにもかくにも悲恋です。
自分達の行為が国家を揺るがし多くの命を道ずれにしてしまうとしても、火がついてしまったものは止められません。
一見すると身勝手に見える彼らの行動も、愛情ほど制御し難いものはないと考えると単に責める気にはなりません。
誰もがそうやって喜びや失敗を重ねていくわけですから。
まぁ、巻き込まれる方はたまったものじゃありませんが…。

全体的にまずまずです。
大河モノとしては中途半端、恋愛モノとしても今一歩。
巷の評価ほど優れた作品であるとは思いません。
ロマンと恋愛という二つが題材であれば、もっと魅せることが出来たように思うのですよね。
「はぁ…(恍惚)」となってしまう様な場面が存在しなかったのが残念です。

スポンサーサイト
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<空はまるで | ブロプレ! | BIOMEGA>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ブロプレ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。