ブロプレ! 毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
フロム・ダスク・ティル・ドーン
[No.74] 2007-09-04 Tue 19:27
フロム・ダスク・ティル・ドーン』 評価:★★☆☆☆

監 督:ロバート・ロドリゲス
出 演:ジョージ・クルーニークエンティン・タランティーノハーヴェイ・カイテル
製作国:アメリカ
製作年:1996年
時 間:108分

ロバート・ロドリゲス氏による監督とクエンティン・タランティーノ氏による総指揮のキレた作品です。
相変わらず無駄な演出が素敵です。
ヴァンパイアを題材にした作品なのですが、他の吸血鬼モノとは色んな意味で一線を画します。
BLADE』の様に派手なアクションで魅せるでもなく、『アンダーワールド』の様に少しシリアスにやるでもなく、『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』の様に美しさで魅了するわけでもありません。
キーワードは『バカ』です。(笑)

アメリカ各地で強盗殺人を繰り広げてきた兄弟(クルーニーとタンティーノ)は、警察の捜査から逃れるためにメキシコに逃げ込んだ。逃げ込んだ先のナイトクラブで現地の犯罪組織の使者と落ち合う予定だったのだ。店で一杯引っ掛けながら待ち時間を潰す二人。
そこが吸血鬼の巣窟であるということも知らずに…。

こんなストーリーです。
また主演がオーシャンズ一のナイスガイ、譲二・狂う二位(ジョージ・クルーニー)というのですから、「何に出演してまんねん」という話なのですが、物語の当初の雰囲気から強盗アクション物かと思いきや、いきなりスプラッターになるというぶっ飛びぶりです。
ほんと、何に出てまんねん…。

と言っても、なんとなくわかるんですよね。
タランティーノ監督やグローネンバーグ監督絡みの作品って、出演してみたいんですよねぇ。
無用の用というか、無駄ゆえに深いというか。
映画はそれ全体で一つの作品なのですから、一つ一つの場面に意味を求めます。
しかし、なんだかよくわからない場面があると、それを「つまらない」と思うか「なんだろう?」と考えて意味を求めるかは、その人次第ですよね。

まぁ、この作品の場合は、意味なんて本当にないんでしょうが。(笑)

スポンサーサイト
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<コワイ女 | ブロプレ! | Village Vanguard>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ブロプレ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。