ブロプレ! 毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
Firewall
[No.6] 2007-05-23 Wed 17:09
Firewall』 評価:★★☆☆☆

監 督:リチャード・ロンクレイン
出 演: ハリソン・フォードポール・ベタニーヴァージニア・マドセン
製作年:2005年
製作国:アメリカ
時 間:105分
公開日:2006年4月1日~

もっすご(ものすごく)普通です。

セキュリティシステムを取扱うため銀行に勤める情報技術担当者(ハリソン・フォード。恐らく、役柄の立場はCIO最高情報責任者)と思われる。)が銀行強盗集団に家族を人質に取られ、協力を強要されるが…というサスペンス映画。

家族を人質にされてなり振り構わない父親、システムの知識に長ける者の知能的な強盗劇、逆にその知識を利用した強盗集団への反撃の開始、強盗集団の仲間割れ、最後は肉弾戦…ちょっと前に流行った手口です。
こういう映画を観ると、「さすがにハリウッドもネタ切れなのか。」と感じてしまいます。
ハリソン・フォードが出演していなかったらどうなっていたんだろう…。
良作なら良作として、駄作なら駄作として印象に残るものなのですが、ハリソン・フォードという日本人には馴染み深く、味のある名優を出演させてしまったせいで、良作でもなければ完璧な駄作とも言い切れず、逆に印象の残らない作品に仕上がってしまいました。
『やることなすこと中途半端。』(古)とはまさにこのこと。
せめてドラマぐらいで止めておくのが良かったんじゃないかな。
現時点のように高度にIT化された時代ではなく一時代前であれば、主演者も相まってそれなりの人気を博したかもしれません。

で、それならなんで取り上げたのかと言うと、もう皆さんご存知かと思いますが、あるんですよねぇー。
最新作の『インディ・ジョーンズ4』が。
今のところ、やはりハリソン・フォードがインディ役の用ですがもう64歳なんですけど。
まだ鞭振ったり、丸くてでかい石に追いかけられたりするんでしょうか。
日本の『高年齢者等の雇用の安定等に関する法律』という法律の第9条では、定年を65歳と想定しているんだけどなぁ。
運転免許だって65歳以上はシルバードライバーなんだ!
シルバートレジャーハンターってどうなんでしょう。
なんか、黄金の宝を狙わない謙虚な探検家みたいな…。

私自身、ハン・ソロスターウォーズ)の時から、つまり言ってみれば物心ついた時からハリソン・フォードを観ていたので好きな俳優の一人です。
日曜洋画劇場が大好きだった幼い頃の私にはまぶしい存在でした。
インディ役のハリソンなんて、私にとってまさしくヒーローそのものでした。
それをこんな中途半端な役に使うなんて!

ただ、この作品を観たメリットがないわけではありません。
そのメリットとは唯一つ。

『こんなに激しい演技ができるなら、インディ・ジョーンズ4も問題ないな!』

そう思えたことです。(笑)

スポンサーサイト
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<eXistenZ | ブロプレ! | 雲の上のキスケさん>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ブロプレ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。