ブロプレ! 毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
地獄星レミナ
[No.51] 2007-06-28 Thu 00:16
地獄星レミナ』 評価:★★★☆☆

著者:伊藤潤二

相変わらずとんでも本です。

星が星を食う!
これに尽きる作品なのです。
伊藤氏の作品は、本当にあれば恐ろしいのですが、とにかく「んな、アホな。」と言いたくなるキーポイントを肉付けするように描くためにすごく滑稽で、言うなればこれが独特のブラックユーモアを生み出しているように感じます。
本作も「星が星を食ったらすごいんじゃないだろうか…。うーん、これだ!」的なノリで描かれているのかもしれません。(笑)

とある学者が16光年先の宇宙で発見した星。
彼はその星に自分の美しい娘と同じ『レミナ』と名付ける。
しかし、今、彼は知る由もない。その星が次第に地球に近づいていることに…。
そんなある日、彼の助手があることに気付き狂ったかのように彼に告げる。
「レミナが近づいてくる…!今、目が合った!!」と。

こんな感じです。
本当にこんな感じの作品なので、「んな、アホな」と思いますよね?
でも、こんな感じなんですよ。(笑)
後は、その星の正体を知った人間達で騒乱に陥る世界だけが残されます。
この世の終わりなのに何故かユーモアのある伊藤作品。
たまにはこじゃれたホラーなんかはいかがでしょう?

ちみに本作品に収録されている『億万ぼっち』もキテます。
もうこれも「一人ぼっちの孤独じゃなくて億万ぼっちってどうだろう…。うーん、これだ!」って決まったに違いない。。。

伊藤氏の作品は頻繁に映画化(『富江』、『うずまき』、『案山子』など)されますが、著者の作品独特の特異な雰囲気を映像作品として表現したいと思う人が多いということなのですかね。

スポンサーサイト
別窓 | 書籍 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ランド・オブ・サ・デッド | ブロプレ! | デッドマン ソルジャーズ>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ブロプレ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。