ブロプレ! 毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ブレイブハート
[No.49] 2007-06-21 Thu 00:12
ブレイブハート』 評価:★★★★☆

監 督:メル・ギブソンジョン・フォードロバート・ワイズ
出 演:メル・ギブソン、ソフィー・マルソーパトリック・マクグーハンキャサリン・マコーマックブレンダン・グリーソングレゴリー・ペックジョディー・フォスター
製作年:1995年
製作国:アメリカ
時 間:177分

言わずと知れた名作です。
現在、メル・ギブソン監督の『アポカリプト』が公開されていますが、『ブレイブハート』こそアカデミー賞監督賞を受賞した彼の出世作です。

スコットランドの英雄『ウィリアム・ウォレス』の生涯と、ウォレスが身を捧げたスコットランド独立戦争を描いた作品です。
作品自体は史実から大きく脚色されてはいますが、平民出身のウィリアム・ウォレスが同じく平民出身の仲間を纏め上げて戦果を挙げ、貴族の称号を得て『サー』(~卿)と呼ばれるまでに上り詰めて行く姿は、実に判官贔屓の日本人にもてはやされそうなキャラクターであります。

とにかく、スコットランドの支配を強めようとするイングランド王エドワード1世が極悪非道に描かれ、その息子のエドワード2世(いわゆる『プリンス・オブ・ウェールズ』です)も愚鈍な王子として描かれているので、内容の理解は至極簡単です。
侵略者である英国と、それに抵抗するスコットランドという構図は実に理解し易いものです。

しかし、本作は、前述の通り大胆な脚色が加えられているため、これがまんま史実なわけではありません。
それこそ5割ぐらいは脚色と言えるかもしれませんが、多大な犠牲を出しながらもイングランドの圧制に屈せず戦ったスコットランド人の心理的抑圧感や団結心がよく描かれています。
ショーン・コネリーユアン・マクレガーを産んだ土地は悲劇の舞台だったのですねぇ。

キリストの処刑を描いた『パッション』など、メル・ギブソン監督の作品は何かと世の中に衝撃を与えるものが多いですね。
ただのイタズラ好きなおっさんではありません。(笑)

スポンサーサイト
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<デッドマン ソルジャーズ | ブロプレ! | 暗黒神話>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ブロプレ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。