ブロプレ! 毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
神の左手 悪魔の右手
[No.44] 2007-06-07 Thu 18:20
神の左手 悪魔の右手』 評価:★★★★☆

著者:梅図かずお

恐怖漫画の第一人者が描く、スプラッター、サイコ、超常現象と何でもありの第一級ホラーエンターテイメントです。
かなりヤバいです。相当キテます。
これは幼少期に見るとかなりのトラウマになります。
私も小学生の時に一度読んで(というか、読んでしまって)強烈な恐怖を覚え、その時の記憶が抜けなかったために、大学生になって作品の存在を思い出し買い直したという因縁の書籍です。

現在は全4巻の文庫版が出ていますのでコンパクトでいい感じです。
『黒い絵本』や『影亡者』といった様々な物語が収録されていますが、基本的に全編通して『想』という男の子が主人公となります。
『想』はちょっと特別な少年で、彼がまた『ぬーめら』で、『でんでろ』で、『どんどろ』なんですよ。
意味を知りたい方は読んでみてくださいね。(笑)

特に『錆びたハサミ』というお話は私にとってかなりショッキングな作品で、幼いながらに「この本の作者、精神的に大丈夫なのだろうか…」と本気で思いました。(そう思っていたら、作者が赤と白のボーダーの服を着てあんな感じでテレビに出演していたので、「あ、本当に病んでいるかも」と思ったものです。(笑))

とにかく、著者が天才ですのでオススメではあります。
これぞジャパニーズホラーの原点!
一流とはまさにこのことで、美しくも独特な雰囲気で見事な恐怖を魅せてくれます。
同著者の『おろち』や『イアラ』などもとても優れた作品ですので、また機会をみてご紹介させて頂きますね。

スポンサーサイト
別窓 | 書籍 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<300 | ブロプレ! | ブラッド・ダイヤモンド>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ブロプレ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。