ブロプレ! 毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
X-MEN ファイナル ディシジョン
[No.20] 2007-05-25 Fri 13:21
X-MEN ファイナル ディシジョン』 評価:★★★★☆

監 督:ブレット・ラトナー
出 演:パトリック・スチュワートヒュー・ジャックマンジェームス・マースデンハル・ベリーアンナ・パキンショーン・アシュモア、その他
製作年:2006年
製作国:アメリカ
時 間:104分
公開日:2006/9/9~

よいデキだー!
やはり面白いですね。
X-MENは元々、私が中学生ぐらいの頃(現在27歳)にテレビアニメとして放送していた作品を思い出しますが、アニメ版やアメコミ版ではウルバリンは何とも言えない黄色タイツを身にまとっていました。
その当時から考えるとえらく野性味溢れる男前になったものです。(笑)
しかし、十年以上前のアメコミから題材を引っ張ってこなければならないぐらいハリウッドはネタ切れということなんですねぇ。

物語りを全く知らない方のために若干説明すれば、突然変異により生まれた特殊な力を持つ新人類とも言うべき『ミュータント』と、人類および人類に味方するミュータント達の生存をかけた激しい戦いを描いた作品です。
既に1、2と公開され、今回は3作目となります。

さて、見て頂ければお分かりになるように☆四つです。
当たり前なのですが前作・前々作を観ないと何がなにやら全くストーリーが分からないからです。
本作のみで独立して楽しめるものではないので、その分減点ということで続編物の性(さが)みたいなところです。
それでも相変わらず人間ではありえないような突拍子もない戦闘シーンや、好奇心をくすぐる様々な能力者達はカッコイイの一言です。
特に磁石野郎のマグニートの戦い方は尋常ではないので、「おおー」と思わず唸ってしまったり。

強力な特殊能力を持ちながらも絶対少数であるが故に迫害されるミュータント達は、逆にその力を利用して生存をかけた戦いを始めるワケなのですが、考えてみれば切実な話です。
本作では、事実上、ミュータントと通常の人間達の間の亀裂が埋まりつつあり、共に歩き出す道を模索し始めているのですが、マグニート率いる一部の過激派はそれを認めません。
マイノリティを弾圧する者も、マジョリティの凡庸さを卑下する者も、どっちもどっちというとこでしょうか。
とにかく、理屈など何も考えずにドッカンドッカン戦っている姿がおもしろいので、お菓子でもバリバリ食べながら併せてご賞味下さい。

スポンサーサイト
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<バタリアン4 | ブロプレ! | グエムル 漢江の怪物>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ブロプレ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。