ブロプレ! 毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ハウス・オブ・ザ・デッド2
[No.2] 2007-05-22 Tue 18:45
明けましておめでとうございます!

そして初めまして!

年も明けて「めでたいなー」ということで、浮かれついでにブログを開設しました。(笑)
私のことはとりあえず『有興人』とお呼び下さい。
有興人』とは『物好きな人、風流人』という意味があります。

このブログでは、一般的に『サブカルチャー』と呼ばれるモノを取り上げていこうと考えています。
『サブカルチャー』というものが一体何なのかご存知ない方のためにWikipediaより抜粋すると、『絵画や純文学、クラシック音楽などのハイカルチャーに対し、娯楽を主目的とするマイナーな趣味的文化を指す。サブカルと略されることもある。』と明記されています。
意味はどうであれ小難しく考えずに映画や音楽といったジャンルに拘らず、時には旅や研究といった娯楽として私の好みのタイプを掲載していこうと考えています。

さて、今日は新年第一発に鑑賞した映画をご紹介します。
つまり今日です。(笑)

ハウス・オブ・ザ・デッド2』 評価:★☆☆☆☆

監 督:マイケル・ハースト
出 演:エマニュエル・ヴォージアエド・クイン
発売日:2006/12/2
時 間:96 分

新年早々、何観てんだという話なのですが、タイトルに『~オブ・ザ・デッド』と付いていると、何かに取り付かれたかのごとく手に取ってしまいます…。
ご存知のない方も居らっしゃるかもしれませんのでご説明すると、タイトルに『~オブ・ザ・デッド』とある場合は、大抵ゾンビ映画なのです。
以前にもタイトルに『~オブ・ザ・デッド』とあったため、手に取ってみたところ、かの有名(?)な『フォレスト・オブ・ザ・デッド』でした。
世にも珍しい『エコホラー』だそうで、ジャケットカバーの「木、切るな!」というホラー界を震撼させる魂の叫びを発見した時には、映画関係者を「しばいたろかしら」と思ったものです。
まぁ、『フォレスト』だけにね…。
ゾンビ映画の歴史は中々深いものがありますので、調べてみるのもまた一興です。

脱線しましたが、本作は見ての通り続編です。
前作も合わせて、元々は日本のゲームです。
前作もとても好評とは言えなかったのですが、今作に関してもとにかく退屈な映画でした。
ソンビという秀逸なモンスターを使っても、こんなに退屈にできるものなのだなぁと関心しました。

いわゆるジョージ・A・ロメロのゾンビ映画には人間模様があるなぁと感じましたが、この作品に関しては、とりあえず殺して殺されて殺して殺されての作業的な反復のせいで退屈に感じるのでしょうね。
あえて評価すべき点を上げれば、出演している女優さんの多くがベラボーにスタイルが良いのでウハウハできるというぐらいでしょうか。(笑)

「元旦から血わき肉踊る映画を!」とレンタルしてみたのですが、元旦から血しぶき肉飛び散っていただけですね…。
ミスチョイスでした。

今回は挨拶がてらに一つの映画を紹介してみました。
そして、折を見て様々な娯楽をとりあげていくつもりです。

新春のご挨拶を申し上げるとともに、本ブログを今後とも何卒、宜しくお願い申し上げます!

スポンサーサイト
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ライチ光クラブ | ブロプレ! | 新装開店!>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ブロプレ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。