ブロプレ! 毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『つげ義春』伝説
[No.148] 2008-11-04 Tue 21:26
氏のとある著作のあとがきで目にしたのですが、つげ氏は『乞食』への憧れがあるのだそうです。
つまり、「乞食になりたい」のだと。
大体の方は「えっ?なんで?(汗)」となるのでしょうが。
身を持ち崩すことに対して憧れを持つ人は少なからず存在するものの、破滅願望や破壊衝動を口にする人々の大概は、ファッションでそんな言葉を口にしているだけだったりします。(ナルシズムに浸り、時にはクリエイティビティを感じ、そんな型破りな自分が「イケてる」(死語)、「ロックな人生だ」と思うのです。)
せこいアートしてないで、もっと泥臭く生きてみろってんだ、こんちくしょ。
しかし、つげ氏の場合は、最早、渇望に近いレベルで全てを捨て去ってしまいたい願望があるようです。
幼少期に錯乱状態の父の死に立ち会う、フォビア(赤面)、自殺未遂、ノイローゼと何かと壮絶な人生を歩まれており、なんというか「乞食になりたい」という言葉には、ただならぬ思いが込められているのかもしれません。

その昔、職場の近くに公園があって、そこにホームレスの方々が住居を構えていたのですが、一人変わった方(当時は、単に「変わっている」と思った)がいらっしゃって、普段は魚屋として働き、暇があれば趣味でホームレスをしているというおじ様でした。
私は時折、その公園で気分転換をしていたので、周囲に住み着いている野良猫の説明を聞いたりしたものでした。
世の人々は、この様な人物を奇人変人として避けることが多いですが、普通、一切の社会的地位を自発的かつ能動的に捨てに掛かるというのは相当な度胸が要るわけで、この様な精神構造は捨て置くに惜しい個性を秘めているワケです。
「死にたい」ではなく「乞食になりたい」、「消えてしまいたい」のではなく「身を滅ぼしたい」。
苦痛を終わりにしたいのではなく、どこまでも幸せから遠ざかることで安心感を得ようとする精神状態。
といっても、当然のことながらご本人を知らないので、実際どの様な方か分かりかねるというのが本音ですが。
まぁ、単に興味をもったというだけの話。

冒頭の通り、氏の著作の後書きに、その心情が具体的に記載されているので、興味のある方は色々と漁ってみてください。

今日はキレの悪い終わり方で失礼。(笑)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

スポンサーサイト
別窓 | 雑談 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<キョウイチ | ブロプレ! | ラッキーナンバー7>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ブロプレ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。