ブロプレ! 毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
あたし彼女
[No.144] 2008-09-29 Mon 00:53
あたし彼女』 評価:★★★☆☆

著者:kiki
URL:http://nkst.jp/vote2/novel.php?auther=20080001

第3回日本ケータイ小説大賞作品です。
小説の類はあまり読まない方で、ケータイ小説は正に初めて。
バラしてしまうと、実は読もうと思っていたわけじゃなくて、調べ物で検索している時に、サイトURLが乗っているBBSを見つけたんですよね。
そこから飛んでみたところ、気が付けば読み終えていたという。

今時の女性『アキ』は、「わけわかんないんだけど。」が口癖の絵に描いたような若者。
複数の男性との関係、妊娠、中絶…自分のことであるのに、どこか他人事。
一見、心が乾き、感情のネジが足りていないようにも見える彼女が、ある人物を本当に好きになっていることに気付き、その気持ちが明確になっていく過程で瑞々しい恋する女性に変わっていく姿はとても微笑ましいです。
しかし、そんな恋愛も上手くいくことばかりではなく、不覚にも傷心のアキと彼女の母親のやりとりの場面で思わず涙が。(汗)
著者の経験が多く含まれているという本書ですが、この母親の存在が事実であるものなら、とても子供思いのお母様なのですねぇ。
また、本作を読んでいると、過去の恋愛で起きた様々な出来事を思い出してしまいます。
過去に感じた息切れの様な苦しさ?胸のつかえ?って、何歳になっても残っているものですね。

ちなみに、Web上では、「これが小説か?」なんて誹謗中傷している書き込みをよく見かけます。
実際、味気ないブログの様な文体なのですが、あくまで『見せる(魅せる)ことを意図した日記』と言える形式であり、リアリティを感じさせるための演出だったりします。
この文体であるからこそ、普段の主人公の粗野な雰囲気と、次第に変化していく彼女の心にギャップを感じ、揺れる心が際立つのですね。

ストーリーのあるブログ感覚で読むと良いかも?


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

スポンサーサイト
別窓 | 書籍 | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
<<方舟 | ブロプレ! | エリザベス:ゴールデン・エイジ>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


透明人間になってやりまくりたい 動画ダウンロード ■[memo]正直な話 ■あたし彼女 ■五分でわかる『あたし彼女』 ■あたしの ブログ ケータイ小説 大賞 とった あたし彼女 みたいに 変換 ... ■あれおかしいな、ついこないだまで9月始まったばかりだと...
[No.12] 2008-09-29 Mon 17:48 YouTube無料動画館
| ブロプレ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。