ブロプレ! 毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
インファナル アフェア
[No.101] 2007-12-11 Tue 01:25
インファナル アフェアⅠ 無間道』  評価:★★★★★
インファナル アフェアⅡ 無間序曲』 評価:★★★☆☆
インファナル アフェアⅢ 終極無間』 評価:★★★☆☆

監 督:アンドリュー・ラウ
製作国:中国(香港)
製作年:2002年~2003年
時 間:100分、119分、118分

トニー・レオンアンディ・ラウのダブル主演による名作です。
香港と言えばジャッキー・チェンでしたが、これは香港映画の新たな境地。
そりゃもう、よくできた作品です。
三部作のいずれの作品においても、潜入捜査官としてマフィアに入り込む『ヤン』(トニー・レオン)と、マフィアから警察に潜入する『ラウ』(アンディ・ラウ)が物語の中心となります。(といっても、三作目に到ってはヤンとラウの若かりし頃に遡るため、両者共に別の若手俳優を起用している。)

本作はレオナルド・ディカプリオマット・デイモン主演『ディパーテッド』としてハリウッドでもリメイクされていますが、それだけ本が良いということでしょう。
何と言ってもやはり一作目がよくできており、「善人でありたい」という強い思いを持ちながらも潜入先である犯罪組織の流儀に精神まで毒されていくヤンの苦悩や、組織のために刑事として警察に潜入していながら、次第に今の常人の暮らしを捨てることが惜しくなったことで、人の命を奪ったり姑息な手を使ってでも刑事という立場を死守しようとするラウ。
両者の立場は互いに本来とは入れ替わっていますが、その本性は変わることがありません。
そんな二人がやがて交わっていくラストまでの緊迫感は「ステキ。」の一言。
『ディパーテッド』より本家の方が全然良いです。

何かとアンディ・ラウが目立っていますが、トニー・レオンがカッコイイ。
本来は刑事でありながらも、組織にバレないように暴力的で非情に振舞う姿は適任です。
そりゃ殿堂入りですよ。

スポンサーサイト
別窓 | 殿堂入り(映画) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<リーピング | ブロプレ! | XX>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ブロプレ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。