ブロプレ! 毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
XX
[No.100] 2007-12-07 Fri 01:21
XX』 評価:★★☆☆☆

著者:上甲宣之

エクスクロス」と読みます。
原作は小説で、著者は現役のホテルマンなのだそうで。
物語のキーポイントとなるのが携帯電話で、その斬新さが非常に好評とのこと。
漫画版は画を田島昭宇氏が描いており、思わず衝動買いしてしまいました。

女子大生、水野しより火請愛子は、恋人と別れた水野の傷心旅行に、人里離れた辺ぴな村『阿鹿里村』にやってきた。
美しい自然で囲まれている阿鹿里村だったが、外界とは隔絶した感があり、一種異様な雰囲気ではあったものの、二人は旅館の温泉に大満足だった。
しかし、阿鹿里村は古来からの恐るべき風習が残る呪われた村だったのだ。
当然ながら、二人はそれを知る由もなかった。
そんな折、水野は何故か旅館の部屋の押入れで一台の携帯電話を見つける…。

冷静で面倒見は良いがセンシティブで弱さを持つ『水野しより』と、いかにも今時で考えもお尻も軽いが頭の回転は速い『火請愛子』は良いコンビで、なかなかおもしろいです。
しかし、『携帯』を物語のキーに持ってきているところが斬新とはいうものの、正直、そうでもない様な…。
ミステリーたるミステリーとしても、物語は非常にストレートであり、先が読めてしまいます。
つまり、読者の裏をかく『ひねり』が特に見受けられないため、期待しすぎると拍子抜けという事態に。
要するに『普通』です。
こういう『隔離された世界のまずい風習』を題材にしたミステリーはおどろおどろしくて、それだけで惹かれるものはありますが…。
小説を漫画化したからこうなったのでしょうか?

「おしい!」ということで。

スポンサーサイト
別窓 | 書籍 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<インファナル アフェア | ブロプレ! | ベオウルフ>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ブロプレ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。