ブロプレ! 毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ノウイング
[No.157] 2009-07-27 Mon 22:56
ノウイング』 評価:★★☆☆☆

監 督:アレックス・プロヤス
出 演:ニコラス・ケイジ
制昨年:2009年
制作国:アメリカ
時 間:121分

スピリチュアル系トンデモ映画です。
当初、作品に広がる絶望感が『エンド・オブ・ザ・ワールド』のそれに近かったので、結構期待していたのですが…。

息子の学校にあるタイムカプセルを取り出す式典で一枚の紙を手に入れた宇宙物理学者のジョン。そこに記された数字の羅列が過去50年とこれから先に起きる未来の出来事を予言したものだと気づく。そして、最後に書かれた数字は人類の存亡に関わるものだった。
(『Wikipedia』より)

…というお話。
一見、ありがちな予言系ですが、そこを前面に押し出すわけではなく、あくまでキリスト教(プロテスタント)の教えになぞらえたストーリー。
冒頭で、ニコラス・ケイジが宇宙物理学における決定論とランダム論の話をするシーンがあるのですが、妻を失い人生に疲れた感のある彼は「ランダム論が正解。人生に意味はない。」という言葉を口にします。
これは、単なるやさぐれたおっさんの戯言ではなく、言うなれば、プロテスタントの根底にある予定説(人間の生は予め神により決定されているという神学思想。)を覆す発言であり、物語終盤の「回避できない定められた運命」を際立たせるための伏線になっているというのが本旨でしょう。(「やっぱり神様すごいじゃん」みたいな。)
つまり、己の内から神を失いつつあった一人の疲れた男が、脅威の存在を知り、奇跡に出会い、変えることができない運命を悟り、それらを受け入れるまでを描いた作品ということです。
詳しくは書けませんが、ある不思議な人達をそのまま直接的に描かなかったのは、監督のせめてもの変化球かもしれません。
まぁ、一言で言うと…

日本人には馴染みないって!(汗)

…というところでしょうか。。。
こういうのを目にすると思い知るのですが、思想を広めるにあたって、サブカルチャーほど効果的なツールは滅多にないですね。

ちなみに、劇場用の宣伝でも使われている事故シーンはとんでもないです。
悲惨すぎる映像が繰り広げられるので、鬱になること請け合いです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

スポンサーサイト
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
茜新地花屋散華
[No.156] 2009-07-15 Wed 01:31
茜新地花屋散華』 評価:★★☆☆☆

著者:ルネッサンス吉田

表紙に釣られて購入しましたが、まさかBL作品とは思いもよらなんだ。(笑)
結構濃厚です。
例によって、ウィレッジバンガードで入手することになったわけでですが。。。

食わず嫌いもあれなので、まずは一読。
ハードな性描写もあるのですが、人間の心情を表す作品としては悪くはありません。
ただ、難解なのか、自分の気付かない行間があるのか、本来は形容できない心情を文字にしているからなのか、読解が極めて困難な部分があります。
最後まで読む人は少ないのかも。
ただ、主人公の一人『深沢』のキャラクターは、色んな意味でわからんでもないですねぇ。
これが女性なら可愛いと思うのかもしれない。

たまには違ったテイストということで。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

別窓 | 書籍 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| ブロプレ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。