ブロプレ! 毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
キョウイチ
[No.149] 2008-11-19 Wed 23:43
キョウイチ』 評価:★★★☆☆

著者:間瀬 元朗

どこで見たのか全く覚えていないのですが、学生の頃に読んだ記憶が強く残っていて、懐かしさ半分で購入を決めました。
ちょっと作風が青っぽいのですが、そこが魅力だったりします。

繁華街で男性をタコ殴りにしていた少年(高校生ぐらい)を静止しようとしたことで、結果的に自分が付け狙われることになるサラリーマンのお話です。
確か、この作品が世にリリースされた頃、ちょっとしたことでキレて暴行を働く若者が社会現象になっていて、本作は直球でそんな世相を反映したものだったのでしょう。
しかし、単に直球勝負かと思いきや、そこは創作の世界。
キレる若者こと『キョウイチ』は、「おっさん、謝れよ」が口癖の殺しても死なない不死身少年なのです。
これは、何を考えているかわからない今時の若者のおぞましさを、オカルト的に表現(異種の存在というイメージで。)したものなのではなかろうかと。
まぁ、いつの時代も、年長者からすると若者が何を考えているのか理解できないもので、若者からすると年長者にダメ出しされる理由が理解できないものなのですが。。。
価値観の押し付け合い&否定し合いという、つまらん恒例行事の繰り返しなワケです。

この手の理不尽感(『座敷女』とか『ドラゴンヘッド』とか。)はとても好きなパターンなのですが、日本人の作家さんってこういうの上手ですよね。
と思っていたら、間瀬氏は『イキガミ』の作者なのですよね。星新一の作品『生活維持省』の盗作であると抗議されていますが。
『イキガミ』なんて理不尽の固まり(「生の価値を実感させる」という名目の下、国家による国民のランダムな間引き(殺害)を画いたお話。)の様なストーリーですから、間瀬氏もほんとお好きですねぇ。
本作には、その『イキガミ』のプロトタイプとも言える『リミット』という作品が収録されていて、国家から理不尽な死を宣告された高校生が、死亡予定日までどう生き抜くかが画かれています。

うーん。

盗作疑惑のある『イキガミ』にプロトタイプがある。
出版社は「作者は、最近まで『生活維持省』を読んだことはなかった。」との見解を発表している。
そして、このタイミングで過去作品の再版にプロトタイプを詰め込んでくる。
「作者には、こんなに以前からアイデアがあったのだから、『生活維持省』の影響は受けていない」という立て付けにするため?

…と思いきや、『リミット』では、明らかに著者の画力が上がっているので、最近の作品臭い。(笑)





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

スポンサーサイト
別窓 | 書籍 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
『つげ義春』伝説
[No.148] 2008-11-04 Tue 21:26
氏のとある著作のあとがきで目にしたのですが、つげ氏は『乞食』への憧れがあるのだそうです。
つまり、「乞食になりたい」のだと。
大体の方は「えっ?なんで?(汗)」となるのでしょうが。
身を持ち崩すことに対して憧れを持つ人は少なからず存在するものの、破滅願望や破壊衝動を口にする人々の大概は、ファッションでそんな言葉を口にしているだけだったりします。(ナルシズムに浸り、時にはクリエイティビティを感じ、そんな型破りな自分が「イケてる」(死語)、「ロックな人生だ」と思うのです。)
せこいアートしてないで、もっと泥臭く生きてみろってんだ、こんちくしょ。
しかし、つげ氏の場合は、最早、渇望に近いレベルで全てを捨て去ってしまいたい願望があるようです。
幼少期に錯乱状態の父の死に立ち会う、フォビア(赤面)、自殺未遂、ノイローゼと何かと壮絶な人生を歩まれており、なんというか「乞食になりたい」という言葉には、ただならぬ思いが込められているのかもしれません。

その昔、職場の近くに公園があって、そこにホームレスの方々が住居を構えていたのですが、一人変わった方(当時は、単に「変わっている」と思った)がいらっしゃって、普段は魚屋として働き、暇があれば趣味でホームレスをしているというおじ様でした。
私は時折、その公園で気分転換をしていたので、周囲に住み着いている野良猫の説明を聞いたりしたものでした。
世の人々は、この様な人物を奇人変人として避けることが多いですが、普通、一切の社会的地位を自発的かつ能動的に捨てに掛かるというのは相当な度胸が要るわけで、この様な精神構造は捨て置くに惜しい個性を秘めているワケです。
「死にたい」ではなく「乞食になりたい」、「消えてしまいたい」のではなく「身を滅ぼしたい」。
苦痛を終わりにしたいのではなく、どこまでも幸せから遠ざかることで安心感を得ようとする精神状態。
といっても、当然のことながらご本人を知らないので、実際どの様な方か分かりかねるというのが本音ですが。
まぁ、単に興味をもったというだけの話。

冒頭の通り、氏の著作の後書きに、その心情が具体的に記載されているので、興味のある方は色々と漁ってみてください。

今日はキレの悪い終わり方で失礼。(笑)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

別窓 | 雑談 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| ブロプレ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。