ブロプレ! 毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
28週後...
[No.141] 2008-08-27 Wed 00:43
28週後...』 評価:★★☆☆☆

監 督:ファン・カルロス・フレナディージョ
出 演:ロバート・カーライルジェレミー・レナーローズ・バーン
製作国:イギリス
製作年:2007年
時 間:99分

トーンダウンは否めません。
一作目の出来が良いのは有名ですが、ゾンビ物の2作目というのは大体こんな感じなのかもしれません。
といっても、『バタリアン』だけは回を追うごとにアホさが突き抜けていきますが。。。

人間が凶暴化するウィルス『RAGEウィルス』が発生してから28日後、ロンドンはなす術もなく壊滅。
今回の舞台は、壊滅から更に28週が経過したロンドン。
外気に触れたウィルスは既に死滅し、凶暴化した人々も餓死。
再発の危険がなくなったと判断したNATOは、米軍をロンドンに派遣し、復興作業を開始させる。
兵士が街中に至るところに配置され、スペインに亡命していた住民たちの帰還も開始されるが…。

相変わらずの沈鬱な雰囲気は良いです。
今作はストーリーがストーリーなので、夢も希望もなかった街に一筋の光明が見えたところから始まりますが、それでも沈鬱。
なにやら人類終わった感じがします。(笑)
この雰囲気は、イギリスの映画だからなのか、監督が前作に敬意を払ったからなのか。
いずれにせよ、観終った後の「心持しんどい感じ」はステキ。

ただ、今更単なるおっかけっこに終始するのはどうなのでしょう。
もう食傷気味です。
えげつない形相で全力疾走してくるゾンビはそりゃ怖いのですが、続編作ってまで繰り返すことじゃないかも。

『三度の飯よりリビング・デッド好き』はとりあえず。





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

スポンサーサイト
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
インディ・ジョーンズ / クリスタル・スカルの王国
[No.140] 2008-08-20 Wed 00:34
インディ・ジョーンズ / クリスタル・スカルの王国』 評価:★★☆☆☆

監 督:スティーヴン・スピルバーグ
出 演:ハリソン・フォードカレン・アレンシャイア・ラブーフ
製作国:アメリカ
製作年:2008年
時 間:123分

普通です。
昔と変わらぬワクワクやドキドキはありますが、予定調和。
余りにも無難すぎるその作りはスピルバーグ監督の時代の終わりを告げているのかも…。

アメリカでマッカーシズムが吹き荒れた1957年。イリーナ・スパルコ率いるアメリカ陸軍に扮したソ連軍に捕らえられたインディアナ・ジョーンズと相棒ジョージ・マクヘイルは、24時間以内に近くで核実験が行われるネバダ州にある、アメリカ軍の施設"エリア51"内にある政府の機密物保管倉庫に連れていかれる。
彼らはそこで「1947年にニューメキシコ州ロズウェルで起きた事件」でアメリカ軍が手に入れた、強い磁気を発する長方形の箱を探すよう、インディに強要する。そしてそこで彼らが見つけたのは、強い磁気で金属を引き寄せる謎のミイラだった。
インディはマクヘイルの裏切りに遭いながらも、相手の隙を突き機転を利かせ、何とか彼らの拘束から逃れることに成功し、翌日の昼町へとたどり着く。しかし、そこは軍が核実験のために建設した無人の町で、人間はおらず、突如実験のカウントダウンを告げるアナウンスが響いた。インディは辛くも鉛が使われた冷蔵庫に閉じこもって難を逃れるのだが、FBIから尋問を受け共産主義者のレッテルを貼られてしまう。
大学では無期限休職処分になり、「自由の国アメリカ」と呼ばれていた祖国の現状に失望したインディは国外に向かうため列車に乗った。しかしそこにバイクにまたがった謎の青年(マット・ウィリアムズ)が話しかけてくる。彼によると自身の母親のマリオン・レイヴンウッドがペルーから助けを求めているのだという。
(『Wikipedia』より)

さすがにピリッとしないハリソン・フォードは年齢的に仕方がないのですが、全体的に漂うダルダル感は何故なのか。
過去の作品を観たことがある人であればニヤッとする場面も多いものの、過去の作品が過去過ぎて思い出せないってば!
週一でインディ・ジョーンズを観ているマニアか、制作サイドならわかるでしょうが。(笑)
水戸黄門』ばりに定番を味わいたければ是非…。

ただ、スピルバーグ監督ならではのユーモアのある戦闘シーンや、仕掛けの数々はさすがに巧みです。匠の技ですよ。
Mr. Hollywoodですね。
一流の現場でさえあれば、古き良き職人はどの国にも居るものですねぇ。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ダークナイト
[No.139] 2008-08-11 Mon 00:27
ダークナイト』 評価:★★★★★

監 督:クリストファー・ノーラン
出 演:クリスチャン・ベールマイケル・ケインヒース・レジャー
製作国:アメリカ
製作年:2008年
時 間:152分

えっ、何コレ?
クリストファー・ノーラン様は神ですか?
ここであえて言いましょう。

神作品がぁ…

キターーーーーーーッ!!!

もしかして、早くも本年度最高峰の作品登場の予感じゃないでしょうか。。。

もう説明なんて無しだ!(笑)
一言だけ言えば、『バットマン ビギンズ』の続編にあたるのですが、まさか『バットマン』に人の苦悩や脆さを教えられるなんて。
ティム・バートン監督作品以後、「バットマンは終わった」と思っていたのですが、ここに来てまさかの事態です。
ハードボイルドかつドラスティックなストーリー展開は、最早、子供が入り込む余地などなく、完全に成人向け作品。
150分を超える上映時間など、全く苦になりません。

キレのあるアクションで大立ち回りを演じるバットマンはもちろん格好良いのですが、バットマンの永遠のライバル『ジョーカー』がゾクゾクするぐらい格好良く、ゾクゾクするぐらい悪逆非道。
この最凶の悪役を演じるヒース・レジャーは、28歳という年齢で若くして他界してしまいましたが、本作のジョーカーの演技が彼のポテンシャルだというのであれば、映画界はあまりにも惜しい人を亡くしてしまいました。
パトリオット』や『ROCK YOU!』でも非常に良い存在感を出していたのに…。
世の中、亡くなってはいけない人から逝ってしまいますね。

いずれにせよ、本当に素晴らしいですよ。このジョーカーは。
金や地位ではなく、悪事のためだけに悪事を働く人間を見るとこの世界に絶望してしまいます。
なぜならば、相手を理解することができず、突破口を一切見出せないから。一片の可能性すら感じられない。
映画作品とは言え、本作のジョーカーには一瞬心を挫かれそうになりました。(笑)

http://wwws.warnerbros.co.jp/thedarkknight/(『ダークナイト』オフィシャルサイト)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

別窓 | 殿堂入り(映画) | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
| ブロプレ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。