ブロプレ! 毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
攻殻機動隊
[No.126] 2008-04-30 Wed 02:32
攻殻機動隊』 評価:★★★★☆

著者:士郎正宗

警察では対応しきれないレベルの犯罪に対して、攻性(積極的に武力による実力行使を行い、時には犯罪が発生する前にその芽を潰す。)に対応する特殊部隊『公安9課』を中心に描かれるSF作品です。

映画やアニメ作品になったこともあり、今や世界的に有名な作品になってしまった(ウォシャウスキー兄弟の『マトリックス』に影響を与えているのは有名。また、ハリウッドで実写版映画作品が製作される模様。いいのか!?士郎さん!そう考えると『マトリックス』って良いアプローチだったのかも。)のですが、原作の内容はとにかく難しい。
1ページ読んで諦める人も居るぐらいです。
根っこまで理解しようとすると、サイエンス・ファンタジーに対する造詣、政治や軍事、IT、機械工学に対する知識などなど、諸知識をフル活用しなければなりません。

時代背景は21世紀。
第3次核大戦第4次非核大戦の結果、大きく変化した世界が舞台になります。
科学技術は大きく発展しており、人間の脳内にデバイスを接続する『電脳化』や、義手や義足の発展型である『義体化』(主人公である草薙素子は、脳を除く体の大部分を義体化している。義体部分はサイボーグであるため、当然ながら驚異的な身体能力が身につく。そのため、本作の世界では義体の能力抑制を規定する法令も存在している。)など、人間社会を根底から変える技術が普及しているのですが、ますます『人間の境目』(何をもって人間とするのか?)が曖昧になり、私が愛する(笑)混沌とした世界が出来上がっています。
しかし、電脳化により、広大なネットに直接アクセスできるようになった人間が、逆に自我をハッキングされる世界って良いのか悪いのか。(ハッカーの攻撃を防御・逆襲に転じる『攻性防壁』なんてセキュリティプログラムも描かれていますが。)
更に、義体化によってボディも完全に器と化していますし。
そう考えると、本作が読者を置き去りにするぐらいの強い哲学性を帯びるのは致し方のないところですよね。
うーん。現実に見てみたい世界ではあります。しかし、人間ってなんだろう?

まぁ、なんせ難しいです。
しかしながら、1コマ1コマの緻密な描写や、多脚戦車『タチコマ』に代表される特異なメカニックなど、男子の萌え要素はテンコ盛り。
でも、難解過ぎるので★4つ!(笑)
ある意味『不親切なカットの連続』を多用するため、話を理解するにはその間を想像(行間(コマ間?)を読む)しなきゃいけないものの、欄外を使ってまでの情報量の多さが別の想像(遊び)の入り込む余地を与えていない様な気がするのです。(だから著者自らがタチコマで遊ぶのか?)
本作のスピンオフを作ることができるのは著者のみでしょうね。

最後の一言。
京レの『隠れ蓑』欲しい…。
現実に存在していれば、すぐに購入してあんなことや、こんなこ(以下略)





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

スポンサーサイト
別窓 | 書籍 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ライフ アルバム
[No.125] 2008-04-23 Wed 00:38
ライフ アルバム』 評価:★★★★☆

アーティスト:いきものがかり

1. Good Morning
2. 茜色の約束
3. 夏空グラフィティ
4. 青春ライン
5. @miso soup
6. ソプラノ
7. 花は桜 君は美し
8. ちこくしちゃうよ
9. 心一つあるがまま
10. ニセモノ
11. 東京猿物語
12. 月とあたしと冷蔵庫
13. 茜色の約束-acoustic version-

なぁんか良いですよね。この人達。
良い意味で青いです。
抑え様にも気持ちとの折り合いがつかなくて、理由もなくイライラしたり、楽しい気分になったりしていた学生の頃を思い出します。
ボーカルのきよえ嬢の歌声に全く迷いがなく、全力で唄う姿も恐れを知らない学生時代に通じるものがあります。

言うまでもなく『茜色の約束』は名曲。
『夏空グラフィティ』なんて思わず体が動きますが、この曲を聴いていると、どことなくHysteric BlueSHAKALABBITSが流行った頃を思い出すのですが。。。
なんででしょ???

余計な手が加えられてない純和製POPもたまにはいかがでしょう。





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
プラネット・テラー
[No.124] 2008-04-16 Wed 19:27
プラネット・テラー』 評価:★★★☆☆

監 督:ロバート・ロドリゲス
出 演:ローズ・マッゴーワンフレディ・ロドリゲス
製作国:アメリカ
製作年:2007年
時 間:105分

ぶっちぎれ注意。
さすがタランティーノ監督のブラザー、ロバート・ロドリゲス監督。
みんなB級映画が大好きです。

テキサスの田舎町のある夜、J.T.(ジェフ・フェイヒー)のバーベキュー・レストランにやって来たゴーゴーダンサーのチェリー・ダーリン(ローズ・マッゴーワン)は、元恋人の解体屋レイ(フレディ・ロドリゲス)と再会した。その頃、軍の部隊長マルドゥーン(ブルース・ウィリス)と生物化学の科学者アビー(ナヴィーン・アンドリュース)の取り引き中に、生物兵器DC2(コードネーム「プロジェクト・テラー」)のガスが噴き出してしまう。町中にDC2が拡がり、感染者がゾンビと化して人々を襲い始めるのだった……。
(『Wikipedia』より)

銃(アサルトライフル?)の義足を付けたゴーゴーダンサーのお姉さんが、ウィルス感染によりゾンビ化した人間をバッタバッタとなぎ倒すミラクルな一作。
思わずパッケージのインパクトに惹かれて手にとってしまったのですが、『足が銃』という情報しかない中でゾンビ物を借りてしまうなんて…。
無意識にゾンビ好きって、どんなけぇー。(死語)

とにかくもう、血は飛び散るわ、内臓は飛び散るわ、血液で感染するのにナイフで戦うわで、グロさとアホらしさと笑いの嵐です。
挙句に、ブルース・ウィリスが微妙な役柄で登場してしまうというお祭り騒ぎぶり。
ところどころで見受けられるゾンビ達の振る舞いも、「ロドリゲス監督ってロメロ監督をリスペクトしてるんだなぁ。」と思わせてくれます。

決して悪くありません。
仲間と「ばっかじゃないの」なんてツッコミながら観てみましょう。





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
クローバーフィールド/HAKAISHA
[No.123] 2008-04-07 Mon 19:58
クローバーフィールド/HAKAISHA』 評価:★★★☆☆

監 督:マット・リーヴス
出 演:マイケル・スタール=デヴィッドマイク・ヴォーゲル
製作国:アメリカ
製作年:2008年
時 間:85分

巷の噂どおり、乗り物酔いをし易い人は激しい手振れで酔う模様。
登場人物が撮影しているデジタルビデオカメラが我々の視界になるため、臨場感は群を抜きますが、如何せん、慣れが必要です。

ある夜、日本の支社において副社長就任が決まった主人公ロブを祝うため、兄のジェイソンを中心としてサプライズ・パーティが開催された。
しかし、その最中、地震の様な大きな揺れを感じたロブ達は、「何事か」と屋上に掛け上がり、ニューヨークの街を見渡す。
しばらくすると、遥か遠方で激しい爆発が起こり、それによって燃え盛った巨大な破片がロブ達の頭上から降り注いでくるのだった。
悲鳴を上げ、死に物狂いで建物を出た彼らの目に映ったものは、次々と破壊されていくメガロポリスの姿であった。

とにかく、音やら手振れやらで観ている方は心臓がバクバクしますが、要はテーマパークのアトラクションみたいなものです。
恐らく、多くの人が心配するであろう『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』の様な雰囲気ではないのでご安心を。
もちろん、お金が掛かっていれば良いというわけではありませんが。

その内容に関しては、正直、触れることが難しいです。
触れてしまえば、どういった類の作品なのか一発で分かってしまいますから。
総合的に見たとき、「よくできていたか」と問われれば、必ずしも「よくできている」とは言えませんが、「こういうのもありかもね。日本も負けていられないなぁ。」という感想でしょうか。

作中で登場人物達が呼称する『あれ』のせいで、色んな人や物がアレなことになるのですが、気になる人は観てください。
ただ、『PG-12』であるということは、それなりにそんなもんであるということをお忘れなく。(意味不明)

後、できれば後ろの方の席で。(汗)


公式サイト(http://www.04-05.jp/


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ビデオドローム
[No.122] 2008-04-02 Wed 01:04
ビデオドローム』 評価:★★★★★

監 督:デヴィッド・クローネンバーグ
出 演:ジェームズ・ウッズ
製作国:カナダ
製作年:1982年
時 間:87分

とうとうこれを紹介する日がこようとは。
一言で言うと、クローネンバーグ監督にしか撮ることのできない作品です。

セックスと暴力を売りとするケーブルTV局の局社長『マックス』は、ある日、謎の番組の電波を傍受する。
その番組は、拷問や殺戮が延々繰り返されるという海賊番組であり、『ビデオドローム』という番組名であることがわかった。
マックスは『ビデオドローム』を録画し、視聴を繰り返す内に、次第に現実と虚構が判然としなくなる感覚に襲われるようになる。
そして、ビデオドロームという番組の裏に、とある組織の陰謀があることを知るのだった。

はっきり言ってしまえば、全体をとして考えてみた時、★5つに値するほどの作品ではありません。
しかし、何がすごいって、独特の倒錯感!
ここに背徳感や嫌悪感、荒廃感まで加わって、負の感情のオンパレードの様なことになっており、妙にクセになる。
これはまるで『目から摂取する麻薬』です。
この独特の世界感を築いたということが★5なのです。

とにかく「グロテスクな表現がお手のもの」で、「着いてこれたら、自由意志で着いてきて下さい」な監督の作品なので、全く受け付けない方もいるでしょう。
ただし、「着いていけない」と思っていても、知らず知らずの内に無理やり引きずられていることはあります。(「引きずられて観る」ぐらいの方が悦に浸れるのかも…。)

深くは述べません。説明し難いし。(笑)
カルト中のカルト、是非ご賞味下さい。





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

別窓 | 殿堂入り(映画) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| ブロプレ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。