ブロプレ! 毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
パトリオット
[No.121] 2008-03-26 Wed 18:54
パトリオット』 評価:★★★★★

監 督:ローランド・エメリッヒ
出 演:メル・ギブソン
製作国:アメリカ
製作年:2000年
時 間:164分

とても熱い作品です。
丁度、いい感じに歳を取ったメル・ギブソンがはまり役。
さすがエメリッヒ監督。この手の壮大なストーリーを描かせると右に出る者が居ません。

18世紀、独立戦争下のサウスカロライナ
イギリス軍との戦いに参加していたガブリエルは、負傷して父親ベンジャミン(メル・ギブソン)の元へ帰ってくる。ところがそのことがきっかけで、イギリス軍の大佐にガブリエルの弟が射殺されてしまう。(『シネマトゥディ』より)

タイトルはずばり『愛国者』を意味しており、強い愛国心パトリオティズム)の下、国のために命を掛けて戦う人々を描いています。
イギリスとの独立戦争という動乱の時代を生きる一つの家族。
そんな愛する家族を守ろうとする父親は、愛国心と家族愛の間で揺れつつ、大切な者を失って打ちのめされながらも立ち上がる力を失いません。
不覚にもメル・ギブソンとその娘役のスカイ・マッコール・バートシアクのやり取り(内容は秘密です。)は、いいおっさんの私が3回観て3回泣きました。(笑)

本作を『アメリカ万歳映画』として批判する方は多いのですが、映画のテーマが独立戦争なのですから、相応に万歳になるのは当たり前です。
当たり前なのですが、その様なプロパガンダ作品として製作されたものではないということぐらい観ればわかるので、こういった評価はイマイチ理解に苦しむ面があります。
ただ、この当時のアメリカの人々の愛国心は、純粋なそれとは違うようにも感じます。
本来、アメリカは多くの州から成り立つ連邦国家なのですから、独立戦争当時の人々が独立のために戦うその動機は、アメリカという一つの国家に対する愛国心というよりもフロンティア精神に基づいて手にした『開拓地』という自分達の血と汗と涙の結晶を宗主国に搾取されたくないという反発心が強いのでは…と考えてみたりするのですが。。。

まぁ…一番泣きたいのは先住民族のインディアンだと思いますけど…。(汗)





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
『ブロプレ!』
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

スポンサーサイト
別窓 | 殿堂入り(映画) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
orbital period
[No.120] 2008-03-20 Thu 13:16
orbital period』 評価:★★☆☆☆

アーティスト:BUMP OF CHICKEN

1. voyager
2. 星の鳥
3. メーデー
4. 才悩人応援歌
5. プラネタリウム
6. supernova
7. ハンマーソングと痛みの塔
8. 時空かくれんぼ
9. かさぶたぶたぶ
10. 花の名
11. ひとりごと
12. 飴玉の唄
13. 星の鳥 reprise
14. カルマ
15. arrows
16. 涙のふるさと
17. flyby

あれ?
あれれ?

私だけの感想なのかわかりませんが、どうも微妙です。
『プラネタリウム』は元々好きな曲だったのですが、基本的にどれもこれも何故か薄い。
そして、それ以外に感想が出てこない。
巷では『待望の一枚!』みたいな扱いになっているのですが…。

何ともオススメし難い一品。





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
サスペリアPART2
[No.119] 2008-03-12 Wed 01:14
サスペリアPART2』 評価:★★★☆☆

監 督:ダリオ・アルジェント
出 演:デヴィッド・ヘミングスダリア・ニコロディ
製作国:イタリア
製作年:1978年
時 間:126分

ダリオ・アルジェント監督の名作『サスペリア』の続編ということにされている作品です。(笑)
というものの、ショッキングなサスペンス映画というだけで、続編の要素は全くなし。
がしかし。こちらの方が『サスペリア』よりもファンには人気があるようです。

超常現象を取り扱う学会において、ある大学教授と超能力の持ち主とされる女性ベルガ・ウルマンによる講義が行われていた。
その講義の途中、ウルマンは突然観客の中に殺意を抱く者が居ると叫び出し、その晩、自宅で殺害されるのであった。
ピアニストのマークは、街中で友人のカルロと雑談している時、大きな女性の悲鳴を耳にする。
なんと、偶然にもウルマン殺害の現場に出くわしたのだ。
ウルマンが殺害される瞬間を目撃してしまったマークは、自分の顔写真を新聞に掲載されてしまう。
その日から身の回りで不穏な人影を感じ始めるのだった…。

中々、見応えのある作品です。
とても丁寧に作られており、思わず「あっ!」と言ってしまいそうなサプライズが盛り込まれています。
サスペリアの時もそうでしたが、アルジェント監督はサービス精神旺盛なんですよね。
ゴブリンのBGMも相変わらず秀逸です。
ただ、一つだけびみょーな点が。
完全版の126分は長すぎるかも…。
それほど時間を掛けるべき謎でもないのですよ。

ちなみに、そのタイトルから思わずホラー映画と判断してしまいがちですが、純粋にサスペンスです。
心霊的・モンスター的・スプラッター的恐怖を求めてしまうと失敗します。
今風に言えば、ショッキングスリラーですかね。





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ゴーストハウス
[No.118] 2008-03-06 Thu 02:42
ゴーストハウス』 評価:★★☆☆☆

監 督:オキサイド・パンダニー・パン
出 演:クリステン・スチュワートペネロープ・アン・ミラー
製作国:アメリカ、カナダ
製作年:2007年
時 間:90分

サム・ライミ氏のプロデュースということで、ちょっとだけ期待して観ました。(同監督作品は『死霊のはらわた』しか興味ないのですけど…。)
尚且つ、今、注目されつつあるパン・ブラザーズ監督作品ということもあって、どんなもんだろう?と思っていたのですが…。

シカゴで暮らしていたソロモン家は、ある切欠でノースダコタの農村に引っ越すことに。
周囲に何もない平原の中にポツンと立つ新居は、古い家屋ということもあり、異様な雰囲気を醸し出していた。
ある日、両親が町に買い物に出る間、長女のジェスは留守を任される。
残されたジェスは、新居の中で激しいポルターガイスト現象を目にするのだった…。

本当に極普通の『お化け屋敷ものホラー』です。
特に目新しい部分もなければ、凝った演出もないのですが、駄作というわけではありません。
『お化け屋敷』としてビックリさせる基本はしっかり押さえているので、それなりの恐怖体験ができます。
また、製作サイドが『エクソシスト』や和製ホラーをリスペクトしている様なので、随所に見たことのある様なシーンも登場します。
ストーリーの核となる『ある秘密』も、かなり早い段階で察知できてしまえると思うので、ホラーマニアには物足りないかもしれません…。

ご飯でも食べながらグダーっと楽しんでください。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| ブロプレ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。