ブロプレ! 毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
クルドの星
[No.111] 2008-01-26 Sat 15:41
クルドの星』 評価:★★★☆☆

著者:安彦良和

安彦続きです。
あくまで漫画媒体として考えた際、なんちゅーもんを題材にしてんだと驚き、思わず購入してしまいました。
社会問題を小林よしのり氏の『ゴーマニズム宣言』の様な社会派的な切り口ではなく、アクション込みのエンターテイメントにしてしまうのだから、安彦氏の才能に驚きます。
しかし、明らかに安彦ファンしか読まない気がする。(笑)

ご存知ない方のために補足すると、『クルド人』とは、イランイラクトルコ等の中東の特定の地域(『クルディスタン』と言います。)に居住する国家を持たない民族です。
クルド人は、あるきっかけから居住地域の中東諸国から迫害を受け始める様になったため、20世紀に分離独立運動を開始しますが、拷問・暗殺など迫害は強烈さを増し、未だ根深い遺恨が存在しています。
ちなみに、日本政府はクルド人の行為を『単なるテロ』と見なしている様ですが…。
逆にトルコの方は、過去の出来事から超親日国家だったりするので複雑。
うーん…。
なんにせよ、民族が国家持たないということが、どれ程の悲劇かわかりますよね。

本作の主人公は、日本人の父とクルド人の母の間に生まれたハーフの少年で、母親から届いた一通の手紙がきっかけとなり、中東に向うところから始まります。
彼がチンピラの様なクルド人に付け狙われたり、トルコ軍の攻撃に遭遇したりと、壮絶な経験を経てクルド人ゲリラに仲間として認められる姿が描かれています。

なかなか興味深い作品です。
クルド人問題を知りたい方は、入門書ということで。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
『ブロプレ!』
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

スポンサーサイト
別窓 | 書籍 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
機動戦士ガンダム THE ORIGIN
[No.110] 2008-01-22 Tue 00:43
機動戦士ガンダム THE ORIGIN』 評価:★★★★☆

著者:安彦良和(原案:矢立肇富野由悠季

名前だけなら誰もが知っている『ガンダム』のリニューアル作品です。
様々な部分で安彦氏の独自の解釈が与えられており、『新訳ガンダム』とでも言うべき内容に。
主要人物たちの過去など、新たに書き起こされている部分も多く、物語の中における政治的な色合いも非常に強くなっており、「政治力学をこんなに顕著にしてしまったら最早子供は読まないな。」と思わせてくれます。(笑)

私個人の主観では単に「好き」です。
ガンダムやザクといった往年のメカ達を安彦氏が描くことで、よりメカらしくガッシャンガッシャン動く雰囲気はなかなか見ものです。
特にシャア・アズナブルを取り巻くサブストーリー群は、彼の新たな一面を見せてくれます。
若かりし頃のキャスバル(シャア・アズナブルの本名)が、士官学校を卒業し、いかにして『赤い彗星のシャア』へと変貌を遂げていくのか…。
これは見ものです。

『名作のリメイク』というのは、リメイクする本人からしてみればプレッシャー以外の何ものでもないとは思いますが、そんなもの無視して頂いて、続刊も自由な『安彦ガンダム』を見ていたいですね。

それでも★4つなのは、原作が偉大ゆえに面白くなくなるはずはないからです。(笑)




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

別窓 | 書籍 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ファイブスター物語
[No.109] 2008-01-18 Fri 00:51
ファイブスター物語(The Five Star Stories)』 評価:★★★★★

著者:永野護

これはおもしろい。
秀逸なSF作品として、ファンからは絶大な支持を受けている作品です。
超人的な力を持ち、モーターヘッド(戦闘用の人型マシン。非常に重厚で精密な雰囲気が漂う。『MH』と略される。)のパイロットとなり戦乱に身を投じる騎士『ヘッドライナー』と、MHとヘッドライナーを仲介するために高い演算能力を付与された人造人間『ファティマ』を中心として展開される稀有で壮大な物語です。(ちなみにファティマには女性タイプが多い。これは、人が命を宿す時、基本的には全て女性として形作られる(人間は、母体でまず女性として形成まれ、男性になる場合は遺伝子中のY染色体が号令を出す。)からであって、変な趣味ではないと思われます。(笑))

物語の中心となるのは、ジョーカー星団と呼ばれる恒星系に存在する惑星デルタ・ベルンを統治する『アマテラス』と、彼のファティマ『ラキシス』。
彼らを中心(壮大な叙事詩であるため、全く登場しない回も多いのですが。)として戦乱が繰り広げられます。
様々なヘッドライナー達個々人のストーリーも折り込まれるため、時々、なんのこっちゃわからなくなりますが、頻繁に描かれる彼らとファティマとの関係性は秀逸です。
人間(超人)であるヘッドライナーと、人造人間であるファティマとの間に生まれる愛情や尊敬、友情などが混ざり合った複雑な感情。
頭脳明晰で、凄まじい美貌と超人的な身体能力まで持ち合わせ、尚且つ、主に忠実なファティマをやっかむ人間の女性も多いようですが、ヘッドライナーは無条件の信頼と親愛を寄せるファティマにノックアウトし易いようです。(『ブルーノ・カンツィアン』というヘッドライナーは、パートナーのファティマ『パラーシャ』に向って、「オレもお前たちの魔性につかまったか…」と言っている。)
ファティマのことを考えて独り身で居続けるヘッドライナーも多い様ですが、遺伝的にその能力を引き継ぐ彼らは、生殖能力を持たないファティマを愛することで、やがてその絶対数を減らしていくであろうという何とも言えない結末が予測できてしまいます。
全体的に『繁栄著しい世界が衰退していく物語』と捉えて問題ないでしょう。

なお、永野護氏の作画は非常に独特(線が細く、何やら艶かしい。)なので、登場するマシンまで重厚かつ、艶かしいです。(ちなみに同氏はエルガイムのデザインで有名。)
レッドミラージュジュノーン…カッコ良いですね。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

別窓 | 殿堂入り(書籍) | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
Round About
[No.108] 2008-01-15 Tue 21:05
Round About』 評価:★★★☆☆

アーティスト:SEAMO

1.SEAMOGoGoGo
2.ラップの花道
3.Fly Away
4.Hey Boy, Hey Girl feat. BoA
5.君のとなり
6.Cry Baby
7.おいしいゴハン
8.Do It! feat. MICRO & KURO (from HOME MADE 家族)
9.Chilling. Chilling
10.料理三銃士 feat. 一撃&kookaiV10 (from 手裏剣ジェット)
11.Hot!
12.宝島 feat. hiroko (from mihimaru GT)
13.空
14.軌跡
15.From Now
16.…おかえり

SEAMO氏のサードアルバムです。
『Hey Boy, Hey Girl』ばっかり聴いています。
等身大でバカップルな曲はいかにも“らしい”ですが、こんなの書いていてもシーモネーターだもんなぁ。
『宝島』に至っては、最早、Hip-HopでもRapでも何でもないような気がするのですが。(笑)

ただ、セカンドアルバム『Live Goes On』程の感動はありません。
あっちのデキが良かっただけに…。
「まぁまぁ。」ということで!




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
『ブロプレ!』
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ダイ・ハード4.0
[No.107] 2008-01-11 Fri 02:07
ダイ・ハード4.0』 評価:★★★☆☆

監 督:レン・ワイズマン
出演者:ブルース・ウィリスアーノルド・リフキンジョン・マクティアナン
製作国:アメリカ
製作年:2007年
時 間:129分

今更何を観てんだという話ですが、今更観てみました。
マクレーン刑事、間違いなく大殺界です。

ニューヨーク市警の刑事『ジョン・マクレーン』は、娘に会うため、娘が通う大学に来ていた。
そんな折、署から無線で「大学の近隣に住むハッカー『ファレル』の身柄を確保し、ワシントンD.C.FBI本部まで連行せよ」との指示が出される。
マクレーンはファレルの確保に向うものの、突然、彼(ファレル)の部屋で窓の外から銃撃を受けてしまう。
何とか逃げ延び、FBI本部に辿り着いたマクレーンとファレルは、アメリカ合衆国全土に渡るサイバーテロが始まりつつあるのを知るのだった…。

いつもいつもボロボロになるマクレーン刑事ですが、今回は開始15分ぐらいでもうボロボロになっていました。
それでももちろんお亡くなりにはならないのですが、もう、ドMじゃなきゃあんな仕事はできません。
あれ程、毎度毎度わけのわからない事件に出会う人間は、マクレーン刑事と江戸川コナンぐらいじゃないでしょうか…。

基本的には派手になっているだけで、何ら目新しい部分は存在しません。
いつも通りのアクション、いつも通りの機転を利かした戦い方、いつも通りの相棒とのコンビネーション、いつも通りのタフガイらしいジョーク…。
すんごくマンネリですが、確実な手法を最新の技術で表現しているため、ハズレというハズレはありません。

しかしまぁ、ここまで重大事件が一人に重なると、私なら色んな意味でマクレーン刑事を疑うのですが。(笑)




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
謹賀新年
[No.106] 2008-01-01 Tue 10:48
明けましておめでとうございます!

今年も参ろう、サブカルライフ!
というわけで、年が明けてしまいました。
今年はどんなおもしろいことに巡り会えるでしょうか?
基本的に猫が道を走っているだけでもおもしろいと思う人なので、大概のことが考え方一つでおもしろくなってしまうのですが。
とてもリーズナブルでしょ。(笑)

意識して色んなものを見ることで、どんなことでも『楽しさ』に繋がったりします。
『楽しい』のハードルが低くなるんですよね。
お金を使うばかりが脳ではありません。
最近は、デパートで買ったアボガドの種を水だけで発芽させて育つかどうか実験しています。(笑)
また、これが無駄に楽しいんですって。
「おいおい、もしもこれで大きく育ってしまったら、アボガド食べ放題じゃないか。きっとメキシカンも気が気じゃないゼ。」って感じの毎日なんです。
昔、ニンニクで同じことやって、度肝抜かれるぐらい育ったのを思い出します。

というようにですね、食わず嫌いは止めて何でもチャレンジしてみるが吉です。
『思ったことはやってみる』の精神です。面倒臭くない限り。(笑)
今年も犬レベルの好奇心を武器に色んなものをご紹介させて頂きますので、どうぞご贔屓に。

それでは、皆さん、今年も宜しくお願い致します!


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
別窓 | 雑談 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| ブロプレ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。