ブロプレ! 毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ノウイング
[No.157] 2009-07-27 Mon 22:56
ノウイング』 評価:★★☆☆☆

監 督:アレックス・プロヤス
出 演:ニコラス・ケイジ
制昨年:2009年
制作国:アメリカ
時 間:121分

スピリチュアル系トンデモ映画です。
当初、作品に広がる絶望感が『エンド・オブ・ザ・ワールド』のそれに近かったので、結構期待していたのですが…。

息子の学校にあるタイムカプセルを取り出す式典で一枚の紙を手に入れた宇宙物理学者のジョン。そこに記された数字の羅列が過去50年とこれから先に起きる未来の出来事を予言したものだと気づく。そして、最後に書かれた数字は人類の存亡に関わるものだった。
(『Wikipedia』より)

…というお話。
一見、ありがちな予言系ですが、そこを前面に押し出すわけではなく、あくまでキリスト教(プロテスタント)の教えになぞらえたストーリー。
冒頭で、ニコラス・ケイジが宇宙物理学における決定論とランダム論の話をするシーンがあるのですが、妻を失い人生に疲れた感のある彼は「ランダム論が正解。人生に意味はない。」という言葉を口にします。
これは、単なるやさぐれたおっさんの戯言ではなく、言うなれば、プロテスタントの根底にある予定説(人間の生は予め神により決定されているという神学思想。)を覆す発言であり、物語終盤の「回避できない定められた運命」を際立たせるための伏線になっているというのが本旨でしょう。(「やっぱり神様すごいじゃん」みたいな。)
つまり、己の内から神を失いつつあった一人の疲れた男が、脅威の存在を知り、奇跡に出会い、変えることができない運命を悟り、それらを受け入れるまでを描いた作品ということです。
詳しくは書けませんが、ある不思議な人達をそのまま直接的に描かなかったのは、監督のせめてもの変化球かもしれません。
まぁ、一言で言うと…

日本人には馴染みないって!(汗)

…というところでしょうか。。。
こういうのを目にすると思い知るのですが、思想を広めるにあたって、サブカルチャーほど効果的なツールは滅多にないですね。

ちなみに、劇場用の宣伝でも使われている事故シーンはとんでもないです。
悲惨すぎる映像が繰り広げられるので、鬱になること請け合いです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

スポンサーサイト
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ラッキーナンバー7
[No.147] 2008-10-27 Mon 21:10
ラッキーナンバー7』 評価:★★★☆☆

監 督:ポール・マクギガン
出 演:ジョシュ・ハートネットルーシー・リューブルース・ウィリス
制昨年:2006年
制作国:アメリカ
時 間:109分

最低映画賞にもノミネートされた『パール・ハーバー』で有名なジョシュ・ハートネット主演作品です。
こちらは中々目新しいサスペンスに仕上がっています。

空港のロビーで、青年の前に現れた謎の車椅子の男。男は、20年前の幸運のナンバーにまつわる残酷な物語を語り始める。一方、NYのアパートではスレヴンとリンジーが偶然の出会いを果たす。不運続きのスレヴンは、友人を頼ってNYに来たのだという。ところが友人は姿を消し、スレヴンは敵対するギャング、“ボス”と“ラビ”の争いに巻き込まれる。そしてその影には、あの空港の男-凄腕の暗殺者グッドキャットがいるのだった…。
(『映画生活』より)

そのタイトルから、最初は「カジノの映画か?」と思っていたのですが、実際は全然関係なし。
また、序盤のコメディの様な展開から、「全編、軽いノリか?」と思っていたら、これまたハズレ。
物語が進むにつれ、「おお。」っと驚く展開に。
しかしまぁ、これほどまで人間関係を錯綜させないことには、観る側の気を惹く作品が作れない時代になったんだなぁ。

ところで、ブルース・ウィリスってほんと何でも出てますよね。
彼の大作に甘んじないチャレンジ精神って好きです。
本作でも、少な目のセリフで、最大限の存在感を出していますが、髪の毛の存在感はどんどん無くなってきています。
彼の場合は、とても似合っていますけど。

「ビバ、ハゲ!」ってことで。





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
エリザベス:ゴールデン・エイジ
[No.143] 2008-09-22 Mon 23:44
エリザベス:ゴールデン・エイジ』 評価:★★★☆☆

監 督:シェカール・カプール
出 演:ケイト・ブランシェット
製作国:イギリス
製作年:2007年
時 間:114分

しかしまぁ、ケイト・ブランジェットはどこまでハマリ役なのか。
もう、この人がエリザベス本人に見えてきました。
「理知的で、意思が強く見えるが、非常に脆そう」とは、なんてオイシイ顔面してるんだ!

文字通り、スペインの無敵艦隊を撃破し、黄金時代を迎えるイギリスを舞台に、政治に、恋に、ヒステリーに…と鬼多忙な女王様『エリザベス1世』が奮闘する物語です。
ただ、頂点に立つ者の悲しい性なのか、『奮闘』はあくまで『孤軍』なのですが。
エリザベスの周りでは、たくさんの僕たちが傅き(かしずき)ますが、所詮、それだけの関係性。
東京砂漠』ならぬ『友人砂漠』です。
婚姻話も、どこぞのボンボン貴族がやってきたりと、全てが政略的な臭い。(エリザベスは結婚しなかったので、「ヴァージン・クイーン」と呼ばれていた。『ヴァージニア』の州名の由来でもある。)
挙句に、「妾腹の子供」とさげずまれ、「売女(ばいた)」と罵られ、それでも国家に我が身を捧げた女性が居たワケです。
「公私共に耳目を集め、情で繋がることが難しく、誹謗中傷され、支え合う伴侶なく、国の舵取りを行う」って、普通ストレスで完璧に壊れると思うのですけどね。

なんといっても、見所は『宮廷』という魑魅魍魎の巣窟です。
謀略、嫉妬、愛憎、裏切り渦巻き、内と外、二つの敵と戦わなければならないエリザベスの心労たるや、いかばかりか。
なかなか見ごたえはありますが、ドロドロが嫌いな人は不向きかも?

スペインとの会戦に臨むエリザベスの甲冑姿がまた激しくカッコイイ。
ジャンヌ・ダルクも真っ青。
アルマダの海戦』自体もなかなかの見応えです。

う~ん、CG万歳。(笑)





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ハンコック
[No.142] 2008-09-16 Tue 01:05
ハンコック』 評価:★★★☆☆

監 督:ピーター・バーグ
出 演:ウィル・スミスシャーリーズ・セロン
製作国:アメリカ
製作年:2008年
時 間:92分

どえりゃー普通です。(笑)
「名作ではないだろうけど、何となく笑えるかも。」ぐらいの感覚で観に行ったので、まぁ、想定どおり。

頻繁にCMが流れているので、説明の必要はないのでしょうが、要は『too much(やり過ぎ)ヒーローの更生物語』です。
数人の犯罪者をとっ捕まえるのに、アウトバーンは破壊するわ、高層ビルも破壊するわ、パトカー数台を大破させるわ…で二次災害の嵐。
ハンコックは、自暴自棄かつコミュニケーション能力が皆無なワケですが、彼の様な存在が世界に独りだけだと、そりゃ荒みますよねー。
そんな傍迷惑なヒーローのイメージを覆すため、一人の宣伝マンが彼をマネジメントするというのは中々おもしろい設定でした。

とまぁ、全体的には平凡な本作ですが、ただ一つだけ言っておきたいのは、シャーリーズ・セロンがめちゃくちゃ美人だということ。(笑)
言うまでもないですけどね。
なのに、映画作品に出てくる度、いつも一瞬誰だかわからない。
モンスター』も『イーオン・フラックス』も、そしてこの『ハンコック』も、全てのシャーリーズ・セロンが別人に見える。
とんでもない女優さんなのかもしれません。
そもそも、人と大喧嘩している最中にスカウトされたそうなので、実際とんでもないと言えばとんでもないのですが。(笑)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

別窓 | 映画 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
28週後...
[No.141] 2008-08-27 Wed 00:43
28週後...』 評価:★★☆☆☆

監 督:ファン・カルロス・フレナディージョ
出 演:ロバート・カーライルジェレミー・レナーローズ・バーン
製作国:イギリス
製作年:2007年
時 間:99分

トーンダウンは否めません。
一作目の出来が良いのは有名ですが、ゾンビ物の2作目というのは大体こんな感じなのかもしれません。
といっても、『バタリアン』だけは回を追うごとにアホさが突き抜けていきますが。。。

人間が凶暴化するウィルス『RAGEウィルス』が発生してから28日後、ロンドンはなす術もなく壊滅。
今回の舞台は、壊滅から更に28週が経過したロンドン。
外気に触れたウィルスは既に死滅し、凶暴化した人々も餓死。
再発の危険がなくなったと判断したNATOは、米軍をロンドンに派遣し、復興作業を開始させる。
兵士が街中に至るところに配置され、スペインに亡命していた住民たちの帰還も開始されるが…。

相変わらずの沈鬱な雰囲気は良いです。
今作はストーリーがストーリーなので、夢も希望もなかった街に一筋の光明が見えたところから始まりますが、それでも沈鬱。
なにやら人類終わった感じがします。(笑)
この雰囲気は、イギリスの映画だからなのか、監督が前作に敬意を払ったからなのか。
いずれにせよ、観終った後の「心持しんどい感じ」はステキ。

ただ、今更単なるおっかけっこに終始するのはどうなのでしょう。
もう食傷気味です。
えげつない形相で全力疾走してくるゾンビはそりゃ怖いのですが、続編作ってまで繰り返すことじゃないかも。

『三度の飯よりリビング・デッド好き』はとりあえず。





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
インディ・ジョーンズ / クリスタル・スカルの王国
[No.140] 2008-08-20 Wed 00:34
インディ・ジョーンズ / クリスタル・スカルの王国』 評価:★★☆☆☆

監 督:スティーヴン・スピルバーグ
出 演:ハリソン・フォードカレン・アレンシャイア・ラブーフ
製作国:アメリカ
製作年:2008年
時 間:123分

普通です。
昔と変わらぬワクワクやドキドキはありますが、予定調和。
余りにも無難すぎるその作りはスピルバーグ監督の時代の終わりを告げているのかも…。

アメリカでマッカーシズムが吹き荒れた1957年。イリーナ・スパルコ率いるアメリカ陸軍に扮したソ連軍に捕らえられたインディアナ・ジョーンズと相棒ジョージ・マクヘイルは、24時間以内に近くで核実験が行われるネバダ州にある、アメリカ軍の施設"エリア51"内にある政府の機密物保管倉庫に連れていかれる。
彼らはそこで「1947年にニューメキシコ州ロズウェルで起きた事件」でアメリカ軍が手に入れた、強い磁気を発する長方形の箱を探すよう、インディに強要する。そしてそこで彼らが見つけたのは、強い磁気で金属を引き寄せる謎のミイラだった。
インディはマクヘイルの裏切りに遭いながらも、相手の隙を突き機転を利かせ、何とか彼らの拘束から逃れることに成功し、翌日の昼町へとたどり着く。しかし、そこは軍が核実験のために建設した無人の町で、人間はおらず、突如実験のカウントダウンを告げるアナウンスが響いた。インディは辛くも鉛が使われた冷蔵庫に閉じこもって難を逃れるのだが、FBIから尋問を受け共産主義者のレッテルを貼られてしまう。
大学では無期限休職処分になり、「自由の国アメリカ」と呼ばれていた祖国の現状に失望したインディは国外に向かうため列車に乗った。しかしそこにバイクにまたがった謎の青年(マット・ウィリアムズ)が話しかけてくる。彼によると自身の母親のマリオン・レイヴンウッドがペルーから助けを求めているのだという。
(『Wikipedia』より)

さすがにピリッとしないハリソン・フォードは年齢的に仕方がないのですが、全体的に漂うダルダル感は何故なのか。
過去の作品を観たことがある人であればニヤッとする場面も多いものの、過去の作品が過去過ぎて思い出せないってば!
週一でインディ・ジョーンズを観ているマニアか、制作サイドならわかるでしょうが。(笑)
水戸黄門』ばりに定番を味わいたければ是非…。

ただ、スピルバーグ監督ならではのユーモアのある戦闘シーンや、仕掛けの数々はさすがに巧みです。匠の技ですよ。
Mr. Hollywoodですね。
一流の現場でさえあれば、古き良き職人はどの国にも居るものですねぇ。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
AVP2 エイリアンズVS.プレデター
[No.138] 2008-07-13 Sun 13:44
AVP2 エイリアンズVS.プレデター』 評価:★★★☆☆

監 督:ザ・ブラザース・ストローズ
出 演:スティーヴン・パスカルレイコ・エイルスワース
製作国:アメリカ
製作年:2007年
時 間:94分

意外や意外。
前作よりおもしろくなってやせんかい?
といっても、やはりストーリーなんてどうでもいい作品であることには変わりありませんが。

コロラド州ガニソン。人口5000人余りのこの小さな町で、エイリアンプレデターの本能を合わせ持つプレデリアンと、対する最強のニュー・プレデターが火花を散らす。壮絶な戦いは住民をも巻き込んで、町はあっという間に破壊され尽くしてしまうが……。
(『シネマトゥデイ』より)

『プレデリアン』ってなんでしょう。(笑)
ええ、そうです。プレデターとエイリアンの相の子です。
不可抗力によって地球で野放しにしてしまったプレデリアン&エイリアン一党を狩るため、やたらと強いプレデターがやってきます。
後は地球人を巻き添えにした種族間大ゲンカ。
監督が容赦ない人の様で、女子供にも容赦なし。
ついでに殺さなくていいじゃないか、プレデター…。
人類、悲惨です。

全体的に暗がりでの戦闘が多く、せっかくのクリーチャーの勇姿が判然としません。
「なんかやってるなぁ?」っていう。
途中からエイリアンの強酸の血液もどうでもよくなってきてるみたいですし。
ネタ作品ということで。

ちなみに主演はプレデターです。(笑)





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
007 カジノ・ロワイヤル
[No.137] 2008-07-03 Thu 00:32
007 カジノ・ロワイヤル』 評価:★★★☆☆

監 督:マーティン・キャンベル
出 演:ダニエル・クレイグエヴァ・グリーン
製作国:アメリカ、イギリス、ドイツ、チェコ
製作年:2006年
時 間:144分

これは!?
今までの『007』じゃない!
『007』の『ボーン系作品』化なのでしょうか。
ちなみにボンドガールのエヴァ・グリーンが凄まじく美しいです。
キングダム・オブ・ヘブン』の頃から異彩を放っていたもんなぁ。

『00』ナンバーの諜報員になったばかりのジェームズ・ボンドは、テロ組織から資金を集め、その運用を行う裏社会の会計士ル・シッフルを追うことになる。
博打の天才でもあるル・シッフルがモンテネグロのカジノで資金を増やそうとしていることを知ったMI6は、このカジノにボンドを送り込む。
正装したボンドはル・シッフルと対面し、銃ではなく、ポーカーで命がけの戦いに挑むのだった。

『007』がハードボイルドになってしまった…。
今までのボンド像を完全に否定しています。
スーパーデンジャラス女たらしスパイのボンドがわりと等身大に。(笑)
これは賛否両論になるのもわかります。
「ファンタスティック」が「クール」になっているわけですから。

しかし!

私は好きだ!
ピアース・ブロスナン時代とのギャップ強すぎるので初めは戸惑いますが、これはこれでアリです。
ミスもすれば、殺されかけもする。
裸で拷問をうけもすれば、顔中傷だらけにも。
不完全すぎるボンドの描写が泥臭くてなかなか良いのです。

でも、こうなってくると、もう007シリーズじゃなくていいよね!(笑)





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ブラックブック
[No.136] 2008-06-29 Sun 14:03
ブラックブック』 評価:★★★★☆

監 督:ポール・ヴァーホーヴェン
出 演:カリス・ファン・ハウテンセバスチャン・コッホ
製作国:オランダ、ドイツ、イギリス、ベルギー
製作年:2006年
時 間:144分

隠れた名作です。
ロボコップ』や『トータル・リコール』なんてものを作っている頃は、「どんな変態監督なんだろう?」と思っていたのですが、いやはや、良い作品を世に送り出しているものです。

1944年、ナチス・ドイツ占領下のオランダ。若く美しいユダヤ人歌手ラヘル(カリス・ファン・ハウテン)は、オランダへ逃げようとするが、何者かの裏切りによって両親や弟をナチスに殺されてしまう。復しゅうのために名前をエリスと変えた彼女は、レジスタンスのスパイとしてドイツ将校ムンツェに美ぼうと美声を武器に近づくが……。
(『シネマトゥディ』より)

カリス・ファン・ハウテンの体当たりの演技がすごい。
これこそ女優。
暗黒時代のドイツが躍進する世界で、頭と体で生きていく強かな女性を見事に演じきります。
レジスタンスとしての自分と、ターゲットのドイツ将校を本当に愛してしまう自分という二律背面に揺れる主人公が見物です。

なんというか、「どんな時代でも、どんな環境あっても、覚悟を決めれば生きていくことができるのだなぁ。」と関心します。
恐らく、社会的立場を重視しがちな男性では、同じように生きていくことは不可能なのかもしれません。
罵られようが、脅されようが、愛する人のために生きるワケですよ。

オススメです。





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
パンズ・ラビリンス
[No.135] 2008-06-19 Thu 00:28
パンズ・ラビリンス』 評価:★★★★☆

監 督:ギレルモ・デル・トロ
出 演:イヴァナ・バケロセルジ・ロペス
製作国:メキシコ、スペイン、アメリカ
製作年:2006年
時 間:119分

これはすごい。
隠れた名作かもしれない。
この様な作品はハリウッド製でないというだけで、なかなか日の目をみないのでしょうね。

仕立屋であった父をスペイン内戦で失ったオフェリアは、母親の再婚相手である軍属の義父と共に森に在る軍の施設に身を置くことになる。
スペインの独裁政権に抗うレジスタンス殲滅を任務とする義父は非常に冷酷で、敵に対する容赦ない性格は家族にも向き、女児であるオフェリアを嫌って新たに生まれてくる男児のみに期待を抱くのであった。
そんなある日、オフェリアは自分の寝室で妖精の姿を目にする。
妖精はオフェリアをどこかへ連れ出そうとしている様子で、妖精に導かれるように森深くにある迷宮辿り着く。
その迷宮で出会ったヤギの様な怪物『パン』は、「オフェリアは地の底にある国のお姫様である。」と告げるのであった。

何とも言えない陰鬱な雰囲気が漂います。
本作の予告を観たとき、登場するクリーチャー達の姿から「ホラーなのかな?」と思っていたのですが、予想は大きく外れました。
こういう作品があるから、とりあえずアホみたいな作品でも借りてしまうのですよねぇ。(笑)

最後の最後、悲劇の少女はお姫様になれたのでしょうか。
オフェリアにとって、ファンタジーだけが暗い世界と辛い現実を忘れることのできる唯一の楽園だったのかもしれません。





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ブロプレ!
毎度おなじみ有興人2.0によるサブカル世代のための文化的無節操Blog!
管理人:有興人2.0
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| ブロプレ! | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。